May 26

「私はラグビーに憑りつかれていた」 名将エディー氏が過去の指導を猛省する

エディーさんが猛省しているとのこと。

いま日本のラグビーがあるのは、あの時のエディーさんのお陰です。

普通では考えられないような猛練習をトップ選手に課し、批判を受けながらも結果を残したし、昨年のワールドカップの躍進の礎となったのは間違いのない事実です。

あのときのジャパンには考え方を根底から覆す何かが必要だったのです。

弱者が弱者のレッテルをはねのけてのし上がっていくためには。

 

リーダー論も納得。

わたくしも優秀な仲間に囲まれていて、「なるほど・・」「それもいいな・・」と学ぶことが多い毎日です。

交渉がうまい人、分析が上手な人、マネージメントが得意な人、人望がある人。

それぞれみんな得意不得意があるし、すべてが整っている人などは存在しません。

分析力があって問題解決できても、交渉がうまくできない人がいる。

管理能力が劣っていたとしても、仲間からの人望が厚く支えたくなる人だっている。

組織というのはそういうものだと思う。

なんでもかんでもできてしまう人ばかりだと、そりゃ楽ですね。

 

アメリカでラグビーをしていた時のことです。

代表クラスの人たちと練習や試合をすると、ホント楽なんですよ。

なぜって、一人ひとりのスキルが高いからミスが少ない。

ミスが少ないからフォローの心配をしなくて済むので、自分のやるべきことに集中できる。

弱いチームだと、ミスが多いから仲間のフォローをしなくてはならないので「えーっ、マジか・・・」となる場面が多くて頭も肉体もすごく疲れるわけです。

でも、会社組織ってそんなもんだと思うんです。

選ばれた人が所属する組織というのは短期的に結果を求めるときには機能する。

でも、長い目で見たときには人間関係がギスギスしてきてうまくいかなくなると思うな。

アリやハチの世界では2:6:2や3:4:3の法則に必ずなるといいます。

上位2割が稼ぎ、2割は働かない。真ん中は可もなし不可もなし。

働きアリも働きバチもみんなが働き者なのではなくて、上のような比率になってしまうそうなんです。

 

というわけで、いろんな考え方の人がいて、様々なバックグラウンドを抱えた人いる。

全員で一丸となって!!と言いつつも、一丸となれない人は2割はいる。

そういうことを受容できることがまずは必要なのだと思うのです。

 

トップチームを短期的に結果を出させるにはエディーさんのアプローチが必要だった。

でも、その指導方法について反省するのだからエディーさんはすごいな~。

May 25

SNSを使った誹謗中傷。

女子プロレスラーの方が亡くなったそうです。

テレビがないので芸能人の顔さえも全くわからない今日この頃。

ニュースを見聞きするたびに「へーっ、そんなことが起きているんだ・・」という状況でして、情報を意図的にシャットアウトすることで余計なことを考えることもなく平穏でいられます。

誹謗中傷というのは最近増えてきたことなのかというとそうではないと思います。

いつもの通り「人間とはそういうもの」なのであります。

ネットで発信すれば瞬く間に世界を駆け巡るというだけで、人間の本質は変わっていないのではないかと思います。

頭の中で考えたこと、独り言、たわいもない雑談、井戸端会議。

その場で終わっていたことが、気軽に発信できてしまう。

それに共感する人がいる。

内輪の話しが一般論として広まってしまい、「いいね」をもらえば承認欲求さえも満たしてくれる。

それで輪をかけて発信し続ける。

そういうサイクルですかね。

 

わたくしも若気の至りで「あいつはダメだ、こいつはダメだ」など、でかい口をたたいていたものです。

じゃあ、それを本人を目の前にして言えるかと言ったら、・・・言えないんですよ。

ですよね~?

陰で言うイヤなヤツなんです。(きっとみんなも同じかな?)

そして、その人と同じような境遇になったときには「あーっ、そういうものなのか・・・」と反省しながら人生経験を積むわけです。

わたくしもさんざん学びました。はい。

 

陰口で終わっていればそれでいいのに、いまは発信しちゃうんでね。

それがよくないっす。

 

こんな自分も若いころは認められたい欲求が強くて、自分をよく見せようとしたり、変なアピールをしたものです。

いつからなのかは覚えていないのですが、言葉のない生徒と接したり、相手は一体何を考えているのかといったことを深く考えるようになって、歳とともに「自分は自分だし、無理してもしゃあない」と思えるようになりました。

ただ、「ノー」と否定される圧力にはいまだに弱くてですね。

できるだけ避けたいし、そうならないような事前の準備は一生懸命します。

このブログも一方通行にとどめています。

独り言ですから。

反応されても困りますし、ネットで有名人の方々が炎上したり、攻撃されているのを見ると恐ろしくて。

わたくしの意見というのはMr.あまのじゃくなので少数派に入る場合が多いです。

あと、「こういう見方があってもいいんじゃないか」という、大勢に左右されたくない欲求も強いので批判の対象になりやすいと思います。

肉体的には強いんですけど、内面はちょっと・・・打たれ弱いんでね。

影響力のある人というのは大変です。

みなさん、スルーしてくださってありがとうございます。

 

多くの有名人が誹謗中傷にもめげずにいられる精神力の強さには感心します。

と同時に、そうならざるを得なかった背景を勝手に想像すると胸が締め付けられるような気持ちにもなります。

何事もトレードオフの関係があるもので、なにかを得ればなにかを失う。

いいことばかりが起こるのではなく、イヤな面も同じように現れるので、自分のこころにダメージを与えないように気をつけないといけません。

May 16

ご無沙汰でした。

世の中のイライラはマックスですね。

新型コロナウィルスの問題で、独り言も自粛しておりました。

このままやめてしまおうかなとも思ったのですが、もう少し続けますね。

 

我慢というのはやろうと思えばできるもので、人との接触を避けるために買い物さえも最小限にしておりまして、浪費も減っております。

いままでどんだけ無駄遣いしてたのかと反省する日々。

今日は久しぶりに炭酸ジュースでも飲もうかなと思って、帰りがけにいつものセブンイレブンに寄りました。

レジに行ったときに『そういえば雪かき手伝ったときの女性だな・・・』と思いがら品物を出しましたところ、「あーっ、あのときの!!!あの時はありがとうございました!!#〇$☆Xбβ?&@♪÷#□▽☆йθ!!」となりまして。

2ヶ月くらい前のことでしたっけね。

いたく感謝されまして、から揚げ棒とかいただいちゃいました。

喜んでいただけてちょっと嬉しかった。

みんなイライラしていて「どうしたもんかな?」と思う今日この頃。

やはり、感謝の言葉というのは力になりますね。

気持ちが前向きになります。

こちらこそ、ありがとうございましたという気持ちです。

 

褒めるという行為も似ていますが、感謝とは区別するようにしています。

アドラー心理学でも言われていますが、褒めるという行為は上下の関係から発生する。だから、褒めるということはしないと言っています。

感謝は対等。

「ありがとう」「Thank you」「Gracias」「Obrigado」「Grazie」「Merci」「Danke shon」「謝謝」「Salamat」

これくらい知っていたら、世界中どこにいってもみんなと仲良しになれますね。

 

 

Apr. 16

マスク着用が当たり前になった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

我が家ではそれなりに立派な裁縫道具類が完備されているので、マスクの試作を重ねてまいりました。

手芸屋さんでは生地をはじめ裁縫用品が品薄になってきているようです。

手作りマスクもあらゆる場所で作られ販売もされています。

こうなることを想定していたので、あらゆる抗菌生地や資材を前もって購入しておりました。

繊維業界は廃れたとはいえ、機能性に優れた繊維の開発が進んでいていいですね。

ただのガーゼじゃ芸がありませんので、今でも最良なものをと試作を重ねております。

表地と裏地、口に接する生地もそれぞれ変えて、抗菌を保ちつつ快適なものを取り組んでおりまして。

しかも、オシャレでなくてはね。

会社でも何人かに差し上げてみたのですが、あまり喜ばれないようです。

ちょっと残念。しょうがないっすね。

やっぱり、使い捨てが一番ということで。

またまた親切の押し売りとなってしまい、反省している次第です。

タニノマスクは結構いい品質なんですけどね。

何をやっても嫌がれれる。

それを平気でやり過ごす。

鈍感力が必要でございます。

 

アベノマスクが配布され、10万円も給付されるとのニュース。

わたくしには必要ございません。

できれば、そのためにかかる費用を医療機関のために使ってほしいです。

寄付してもいいです。

もし、感染したら誰しもお世話になるわけで、そこで働く人や設備が機能していてほしいです。

 

何となくですが、少しずつ疑心暗鬼な空気が漂い始めていてどうにかできないか考えをめぐらしています。

 

 

Apr. 14

もう、コロナの問題でみんなイライラがつのっていて、いつも以上に攻撃的。

ふーっ。

深呼吸でもして、落ち着きましょう。

そして、家でトレーニング。

こういうときは自重トレ。

さあ、頑張りましょう!!

 

安陪首相や小池都知事へのバッシングやら称賛やらで、これも疲れます。

みなさん、上げたり下げたり忙しいですね~。

なにやっても批判される人は大変です。

【たむらけんじ】安倍総理に届きますように【星野源】

「国民が大変なときに・・・」

と批判的な人が多いようです。

一国の総理大臣が取り乱した姿を晒したらどうなるでしょうか。

ますますみんなパニックになるじゃないですか。

「かなりやばいし・・・」って。

知事や総理大臣を務めるくらいだから、批判にも屈しない晋三(心臓?)を持っていないとやってられないでしょうね。

国がこんな状態になっているんですから、眠れないはずです。

当たり前です。

リーダーになる人は常に最悪の事態を想定して、そうならないような手を打ちます。

でも、思い通りにいかないことばかりですから、最悪な方向に向かうことだってある。

そんなときにでも、みんなが動揺しないように落ち着いて振る舞う。

「それは想定の範囲内だよ」と。

そして次の手を打つ。

その繰り返しです。

リーダーに対して批判ばかりする人というのは、その立場に立ったことがないから言えるんです。

 

今日、NHKのラジオを聞きながら運転していましたら、「総理の説明が足りない」とか「根拠をきちんと提示しないと」などとコメントする評論家様がおられました。

教職を経験していたからわかるんですけど。

”説明は長ければ長いほど伝わらない”

伝えたいことは一つに絞る。

端的に話す。

それが~、いちばんだいじ~。でございます。

こういうときというのは一党独裁は強いですね。

民主主義は大変です。

 

なにをどうすればいいのか。

みんな目に見えないものと戦っている。

打つ手に効果があるかどうかは誰にもわからない。

こういう時こそ、個人の生きる力、人間力が試されているのだと思います。

 

Apr. 6

離婚やDVが全世界的に増えているそうです。

コロナ問題で。

この辺りは海外だけかなと思っていたのですが、日本も同じのようです。

いつもの通り「人間とはそういうもの」なのでございます。

 

今回のこの危機に際して、いろいろと考えさせられる機会がありますね。

起こってほしくないことではありますが、前向きにとらえるようにしましょう。

わたくしの世代では親が離婚するなんてほとんどあり得ないことでした。

大和撫子は慎ましく、理不尽にも耐える的な思想が残っていましたよね。

高校の時にアメリカでホストファミリーや友達の家族も含め、半分くらいは離婚していて驚いたものですが、遅ればせながら日本もこのようなことでも欧米に追従していた…。

今となっては女性のほうが強い強い。

そして、草食男子などという言葉も出てきました。

ちなみにわたくしはベジタリアンではありません。

野菜は嫌いじゃないけど、肉がいい。

サラダであればシーザーサラダがいい。

シーザーってメキシコのレストランのオーナー シーザー・カルディーニに由来するんですね。

Wikipediaに載ってました。

馬とかは、よくあんな牧草だけであの体を維持できて走れていいですよね。

わたくしもそこら辺の草を食べて生きていけたらいいのになとよく思います。

駐車場の雑草を取ったりするときも、「食べられたらいいのに・・・」「誰かが食べてくれたら・・」って思いますもん。

でも、やっぱり肉を食べたいし、餅みたいな肌には触りたい。

餅はいいよね。餅肌もいいよね。

 

意味のわからない方向に脱線してしまいました。

人間というのはお互いの距離感が大事だと思います。

近すぎてもダメだし、遠すぎてもダメ。

人は感情の動物だから、好まれる距離感覚は常に変化している。

仕事仲間と家族というのは人生の中でも過ごす時間がとても長いわけで、いい距離感をいつも保っていたいものですね。

 

結婚と離婚について。

四六時中一緒にいたかったのに、顔も見たくなくなる存在になるとは誰が予測できただろうか。

離婚における一般論です。わたくしの話ではございません。

好きと嫌いは表裏一体。

わたくしは社員の97%くらいから嫌われているんですけど、立場が変われば仲良くなれる人は80%位いけるかなと勝手に思っています。

イヤという感情を抱かれているぶん、好きという感情に転じる可能性がある。きっと。

「何とも思わない」「どうでもいい」存在は嫌いよりも分が悪い。

嫌いと思われるほうが脈がある。

そういうふうに前向きに考えるようにしております。

 

日本では結婚とはそもそも何なのかを考える時が来ていると思います。

社会のシステムとして見直しが必要な段階です。

少子高齢化に対する一つの策として、婚外子への社会保障制度の確立が求められるでしょう。

結婚してようがしていまいが、生まれてくる子供にはきちんと国が保証体制をとる。

子供たちが未来を作るんですから。

どうせ半分くらいは別れるんだし、結婚というシステムに縛られる必要もない。

残りの半分も仕方なく一緒にいるというレベルのような気がするので、仲のいい夫婦と言えるのは20%くらいなのかな。

「なんかさ、結婚て言う仕組みが数百年続いてたらしいけど、昔の人は面白いこと考えてたね」

こんな会話が未来で交わされているかもしれない。

世の中はどんどん変わっていくでしょうね。

目先のことでは「どうなってしまうのだろう」と不安ばかりですが、いろんなことを改めて考える機会を得られたように思いませんか?

「これはこれでよかったのだ」と思うようにしよう。

Apr. 2

今日は会社の健康診断。

年齢を重ねるごとにあちこちとガタが出始めて、ちょっと気持ちが萎えます。

若いときのようにラグビーもできないので、走ったり筋トレする程度になっていますが、トレーニングというのはそもそも体と心との対話ですので体調の変化には敏感になっており、健康診断の結果には自分自身の見立てとどうなのか比較できる良い機会です。

視力の低下が著しくてまいりますね。

野鳥好きのわたくしとすると「あんなに眼がよかったのに」とプチ鬱です。

Cがぼやけてよく見えない・・・。

パソコンでの仕事ばかりでダメですね。

 

今日の一番の驚きは聴診してくれたおじいちゃん先生です。

しどろもどろの話し方で「だいじょうぶ~?」と思ったのですけど、体の異変を見抜いたんです。

見抜いたというか聞き抜いた。

会う人会う人、「元気だね」「あなたは大丈夫」と相談してもスルーしてくださる場合が多いんですけど。

フラットにものごとを見れる洞察力。

感嘆します。

やるな、じいさん。

 

Apr. 1

コロナ問題で辟易する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

長野県内は数人の感染者が確認されているだけで大事には至っておりません。

ただし、茅野や富士見などの別荘地では東京からの避難民?で賑わっているようです。

スーパーやドラッグストアでは彼らによる買い占めがあると聞きました。

人の移動によって拡散するわけですので、なるべく動かない努力が必要ではないでしょうか。

東京の人は東京に留まっているほうがいい。

これには賛否両論ありますが、感染者の多い海外から帰国した方々は2週間ほど隔離観察が必要とされているわけで、移動しない、させないが感染を遅らせることができる唯一の方法ではないかと思います。

 

行政からは自粛の要請が出ています。

小池都知事の連日の会見をネットで見ました。

いろんな批判をする人もたくさんいますけど、言葉を選ばないと混乱を招くので難しいところです。

「なぜ自粛要請なのか」というのをみんな理解できていないのではないでしょうか。

特に若い方々の言動や振る舞いを見聞きすると、もう少し深刻に受け止めてほしいなと思います。

行政は命令できないわけです。法律がないので。

命令は罰則とセットで発令されるもの。

罰則には法律の規定が必要。

命令という形を取れたとしても、今度は国民がパニックに陥る可能性がある。

買いだめする人も増えるだろうし、感染した人に対して差別的な姿勢に転じる人だっているに違いない。

咳をしただけでバイ菌扱いする輩も出てくると思う。

 

日本は漂う空気に左右されるところがあるので、首長たちも様子を見ながらみんながパニックにならないようにだけ気を付けているのだと思います。

パニックになったら、医療崩壊につながります。

みんな病院に殺到するだろうし、そこでみんな院内感染してしまう。

他の病気の人たちが通常の診察も受けられない。

人工呼吸器も足りないから、受け入れ人数にも限界がある。

優先順位といっても先着順だろうから・・・。

医療従事者は不眠不休で対応せざるを得ない。

と、もう手の付けられない状態になるのがわかるじゃないですか。

 

うまくやり過ごす方法がないか。

首長にしてみれば、お願いするしかないということだと思います。

一年後には全員感染しているかもしれない。

少しでも後ろ倒しできるように心がけよう。

医療現場の方々に過度な負担がかからないようにモラルのある行動をとろう。

大切な人が苦しむかもしれない。

そう思えば自分がとるべき行動は変わるはずなんだけど。