日別アーカイブ: 2013年6月13日

そういうもの

世の中でおきていること。

宗教、人種、民族等の違いによって起こる対立。
最悪な場合、戦争に。

誰だって悪いと思っていながらやめない。

よい戦争なんてあるのだろうか。

60年前に敗戦を経験した日本。
当時の歴史認識が大きな問題として取り上げられている。

自分が戦争に駆り出されたらどうなるだろうか。
相手に銃を向けられたら、撃つだろうか。
倫理的に許されないであろうこともしてしまうだろうか。
その倫理観というものは世界共通なのか。
60年前と今のそれは違いがあるのか。
戦争自体が倫理に反するのではないのか。
人を殺してしまうという行為に倫理など存在するのか。

歴史は物語る。
人間というものは”そういうもの”だと。
誰の中にも存在している醜い部分。
育った環境、受けた教育、極限の精神状態、・・・。
それによって引き起こされる行動。

人間にはそういう側面がある、ということ。

理解できない事実だって、誰しもの心の中に存在しているものが引き起こしたのでは。

常に自分に問いかけよう。