日別アーカイブ: 2013年8月29日

汚染水は大丈夫か?

福島の原発でタンクから汚染水が漏れたという。
原発規制委員会と東電のやり取りや国のスタンスがよくわからない。
起きている事態は東電や原発周辺だけの問題ではない。
日本という国全体、原子力発電の必要性、人類の未来にかかわる重要な問題だ。
海は全ての生き物の共有財産である。
そこに放射性物質が垂れ流しにされているのに。
海が浄化してくれるとでもいうのだろうか。

東電もおかしいが、原発規制委員会もおかしくないか?
後になってのこのこ出ていって「あれがダメ、これがダメ」なんて。
常駐して指導しなくていいのか?
タンクの選定から、設置場所の妥当性や安全性など、事前に議論や審査をしないの?
早急に工事しなくて大丈夫なの?
いつまでにどうするの?

立派な会社、立派な官僚の方々のやっていることが理解できない。
とんでもない利権やしがらみがあるのだろうか。

日本という国には自分たちで解決する力がもうないのか。

IAEAに乗り込んできてもらった方が良くないか。
外国の皆さんはもう呆れて何も言えないのではなかろうか。

近い将来、「日本はテロを行った。賠償金を払え」と言われかねない。