月別アーカイブ: 2017年8月

Aug. 31

北朝鮮がミサイルを発射しJアラートが鳴りました。

それに対する世間の声を聞いて、「大丈夫か?」と思った次第です。
信濃毎日新聞は1面にJアラートに対する長野県民の反応について書かれておりました。
「頑丈な建物が近くにない場合どうしたらいいのか」
「地域性に配慮した指示が欲しい」
などなど。

「どんだけ国や人に頼っているんですか?」と言いたくなるのです。
ミサイルが発射されたら10分以内に日本に着弾する。
逃げようがない。
祈るしかない。
そうじゃないですか。
幸い、我が家は山の中なので制御不能にならない限りは着弾しないと思われます。
ミサイルが飛んできたら、あとは自分で判断して身を守るしかないし、生き延びるために考えて行動する。
国に「どうしたらいいですか?」なんておかしくないですか?
「自分で考えろ!!」です。

くれない族が多すぎます。
「国が・・・、みんなが・・・、会社が・・・、上司が・・・してくれない。」
与えられることに慣れてしまった人たち。
自分以外の誰かに判断を委ねすぎです。
自分で自分の人生の責任を取りましょう。

話が少しズレますが。
「トレーニングしましょう!」
(またか・・・。)
わたくしはご承知の通り日々トレーニングに励んでおります。
いかつい顔の男が体も鍛えている。
”こわそう・・”
”この人を怒らせたら大変なことになる・・”
”真面目そうだから丁寧に接しよう”
多くの皆さんがこうやって勝手に想像してくださるんです。
ありがとうございます。
改めて御礼申し上げます。

そうです。
いろんな意味で抑止力が働くんです。
これはもう、核兵器にまさる威力なのであります。

クマとの対決を不戦勝で勝つ。
戦わずして勝つ。
無用な戦いはしない。
自分ではそう思っているのですが、思わぬところに”トレーニングの副産物”あり。

いじめで引きこもっている皆さん。
鍛えましょう!!
見た目が変わるので、周囲の態度が一変します。
独りでも取り組める活動なのでいつでもスタートできます。
自信がつきます。
”こいつを怒らせたらやばいかも”とみんなが思うので、北朝鮮のような挑発行為はなくなります。
しゃべりたくなければしゃべらなければいい。
なおさら抑止力が高まります。
なかなかいい解決方法だと思いますよ。
いじめはなくならないのだから、自分に矛先が向かないようにすればいい。
いじめられている友達がいたら、トレーニングを促せばいい。
さあ、はじめよう!!

北朝鮮には圧力をかける必要はありません。
静かにしていればいいんです。
それが一番怖いはずですから。

Aug. 30

新浪剛史の教え

サントリーの社長であります。
14回の連載すべてを読むことをお薦めします。
ビジネスにおいて、トップの言うことやビジネス書に書いてあることは基本的にみんな同じ。
ですが、実績のある経営者の言葉はなにか重みが違います。
サントリーという会社は昔からいい文化を持ったすばらしい会社だと思っております。
「やってみなはれ」という言葉がイメージとして定着しています。
世襲制であった会社に落下傘のように降り立った新浪社長。
どんな風に会社を発展させていくのか、注目しています。

Aug. 29

悩んでいる人、落ち込んでいる人、ストレスを抱えている人。
そういう皆さんと話していると、自分も落ち込んでいきます。
でも、みんな誰しも悩んでるし、同じようにストレスを抱えている。
誰だって同じなんです。
大した差なんてありません。
では、そのままでいいのでしょうか。
よくないですよね。

唐突ですが「ジムに行きましょう」

結局のところ、誰も助けてはくれません。
自分で自分の考え方を修正・転換するしかないです。

トレーニングの効用
「最終的に自己肯定感が高まり、ハッピーになる」

まずは誰にでも取り組める活動である。
ジムにさえ行けばいい。(行かなくてもできる)
筋肉は負荷をかければ必ず大きくなる。
目に見えて自分の成長を感じる。
血流が増え、カロリーを消費する体質になる。
体がシェイプアップし、見てくれが向上。お肌もピチピチに。(特に胸の筋肉が隆起してくると、おっぱい星人とのスキンシップが増えて楽しい)
体が軽くなり、動きも俊敏に滑らかになるので仕事の処理量が増える。
生産性の向上に寄与する。(会社で自然と褒められる)
代謝が向上し、お腹がすくのでご飯がおいしく感じる。(何でも”おいしい”と思ってしまうので、奥さんも大喜び)
生活習慣が整うので、睡眠もお通じもすっきり。
ホルモンの分泌が促され、「さらに取り組もう」という気持ちになる。
自分なりの目標を立てる習慣がつく。
目標を達成する喜びを味わえる。
他人に褒めてもらわなくても、自分で自分を褒めるサイクルが生まれる。(お風呂に入ったときには”お前頑張ってるな”と言いたくなる)
精神的に満たされるので、機嫌がよくなる。
誰かに頼らなくてもハッピーな気持ちでいられる時間が増える。

結構、いいことばかりなんです。

ただ、注意してください。
中毒性があります。
トレーニングせずにはいられないという。
「この身体を維持したい」と思うと、節制が節制ではなくなります。
夜更かしはしません。
お酒もあまり飲まなくなります。
(わたくしの場合、アイスは食べます)
(ケーキも食べます)
(団子も食べます)
「世間一般でいう遊び」というものに興味がなくなっていきます。
「トレーニングが一番の遊び」として格上げされるので。
つまり、自分の体に悪いことは極力避けるようになります。

残念かどうかは人によりますが、いままでの友達が減ります。
だって、付き合い悪くなるんで。
でも、大丈夫。
ダンベルなどの器具に対しては深い愛情が生まれます。
いつでもジムで静かに鎮座し、あなたを待っていてくれます。
そして、彼らは決して裏切らない。
裏切ることを知らない。
深い深い絆で結ばれます。

トレーニングする人は常に自分と向き合っているので、自然と自己肯定感が高くなっていくんです。(度を超すとナルシストになってしまいますけど)
ものごとをポジティブに捉える仲間と一緒にいるだけで前向きになるし、健全な人間関係が自然と構築されていきます。

さあ、みんな。
ジムへ行こう!

ブログ1000回記念は「ポジティブに物事を考えるためには」でした

Aug. 28

チェーンソーで木の伐採をしていたところ、転んで足を切ってしまいました。
運悪くブレードの幅で2箇所も。
幸いにも当たったのが頚骨(すね)だったので、筋肉を切ることもなく安堵いたしました。
家族は気絶しそうでしたけど、ラグビーで怪我には慣れていたこともあり、消毒してクロマイPを塗って処置をしました。
「別に死ぬわけでもないし・・・」といつものように慌てることもなく平然としておりました。
会社には普通に行ったのですけど、血が滲んでくるので化膿したらまずいと思いましてサツマ先生のところへ行くことにしました。

「こんな状態ならすぐに来てもらわなくては困りますよ!」
と怒られまして。
結局15針縫いました。
談笑しながら縫ってもらいましたが、こんな患者は初めてのようで看護師さんがドン引きしておりました。

せっかく999回目のブログで記念すべきときに、こんな内容になってしまい申し訳ございません。

Aug. 27

「バンザーーイ」っていう感じのタラの葉っぱ

 

「正・三・角・形!!!」と主張する蛾の幼虫(エダシャクと言うらしい)

Aug. 16

団塊の世代の大量退職が大きく影響しているのだろうか。
ビジネス関連のサイトでは定年退職後の暮らし方についての記事が増えている。
その多くは家庭で居場所のないお父さんを指南する内容である。

「亭主元気で留守がいい」
とはよく言ったものです。

定年と言っても、自分にとってはまだまだ先の話なのではありますがが・・・。

「やることやって早く逝く」
これが一番であります。
定年後のことなど考えず、今やりたいことをやって定年の頃には天国に逝くのがいいと思うんです。
自分は体が大きく体力もある。
そんな人が介護を受けるようになったらどうしましょう。
家族は大変です。
認知症にでもなって暴れられたら、誰にも手をつけられない。
最悪です。
想像するだけでぞっとします。
介護の仕事をしたことがあるのでわかるんです。
その大変さが。

「主人在宅ストレス症候群」なるものがあるそうです。
笑っちゃいますよね。
別れればいいのに。
夫婦も家族もあまり束縛しない関係がいいってことですね。
我が家は全員B型。(血液型が性格に影響するわけではないですけど)
もう、てんでばらばら。
それぞれが自分の好きなことに興じておりまして、基本的に勝手気ままに生きております。
お互いに束縛しないので、あまりストレスを感じません。

束縛されたくないから、束縛もしない。
そんな少し軽い関係くらいがちょうどいいのかもしれません。
縛る人いるじゃないですか。
携帯電話みたり、手帳見たり、しょっちゅう居場所を確認したり。
そんなことしていったいどうするのでしょう。
いいことなんてひとつもない気がするんですけど。
縛れば縛るほど、人というのは解放されたがるものです。
ですので「来るものは拒まず、去るものは追わず」でいいと思うんですよね。

「いざとなったら独りでも生きていく」という覚悟が必要です。
独りでは生きていけないのですけど、自立はしていないといけません。
興味を外に向ける。
奥さんや家族に依存しない。
普段からそう仕向けていれば、何の問題もない気がします。

「社長元気で留守がいい」
「社長在社ストレス症候群」
こんな言葉が出てくるかもしれません。

Aug. 15

お盆休みはもう少しでおしまい。
年末年始と同じで、3日も休むとなんとなく手持ち無沙汰になっているのではないでしょうか。
我が家では草刈りをしたり、薪割りをしたりと休む暇がありませんが。

なぜ、日本では雑用係を「マネージャー」と呼ぶのか?

部活動に関わったり、たまたま見かけるだけのこともありますが、この日本的マネージャーの姿を見るたびに「彼ら、彼女らは本当に望んでいるのか?」と疑問に思います。
洗濯をしたり、ご飯を炊いたり、練習の準備から片付けまで雑用という雑用をすべて任されている。
そのスポーツをこよなく愛している。けれども、何かしらの理由でプレーできない。別の形でその組織のために貢献したい。
そのような気持ちであれば、それでいいと思うのだが。
女の子が決まって整理整頓、片づけをしている姿に出くわすたびに、寂しい気持ちになる。
運動が得意でずっと最前線でプレーしてきた自分からすると、ちょっと残念な気持ちになるのです。
雑用は選手たちだけでもやりくりできる。
練習の補助であればプロ意識が求められる仕事。
それこそ、組織マネージメントではないのか。

何かしらのイベントをすると、飲み食いはつきもの。
準備は男共もするのだけれど、食い散らかした後の片付けは女性陣。
決まりきった構図である。
最近は女性がこういったイベントに参加したがらない。
わかる。
その気持ち。
家でも片付け。外に出ても片付け。
いやになるよね。
男性諸君!
やりたくないことを女性にばかり押し付けていてはいけませんぞ!
なんかこう、男尊女卑的な思想が残っている気がするんです。

部活動は学校外で(地域のクラブで)。
世の中のおかしなことが、結構見直されるような気がします。。
自分のやりたいことを学校単位ではなく、その人のレベルや方向に合わせて選択する。
重視されるのは性別でもなく、年齢でもなく、人種でもない。
その人のやる気だけ。
指導者は学校の先生ではないので、みんなのびのび。
当然、任意参加ですから辞めることも自由。
学校の内申評価のような成績なんて関係ありません。

部活動の女子マネージャーの皆さんは、このような社会になったらどういう選択をするだろうか。
きっと、自分のやりたいことを探して取り組むと思うんです。
同じような雑用をやるにしても、もっとプロのマネージメントを学べるようになる気がするし。

今のこの体制を変えることは極めて難しい。
日本が崩壊してゼロからスタートするしかなさそう。
それが残念。
見直しができない、引き返せない精神構造の日本人。
少なくとも自分の世代は変化に対応できそうな気がする。
ですので、今の体制を作ってきた世代の方々は早く引退していただきたく存じます。

Aug. 6

寒さに凍えています。
なぜって?
水のシャワーを浴びたから。
独りでいると家は本当に静かで、虫や鳥の声しか聞こえません。
今日は久しぶりに夏らしい日差しだったので、炎天下の中、諏訪湖の周りを走りました。
さすがに昼間に走っているのは数名程度で、お互いにアホであることを確認してすれ違います。
長田か大芝の温泉にでも寄っていこうかと思ったのですが、お金がかかるのでやめました。
家で水でも浴びればいいかと。
シャワーの後は追い討ちをかけるようにアイスを食べるともう最高。
キンキンに冷えたビールを飲むのが好きな人が多いと思うのですが、ぜんぜん飲みたいと思わないんですよね。
飲むなら水か牛乳。
炭酸ジュースも好きですけどね。

昼間は夏らしい天気ですが、もう秋です。
朝は5時にならないと明るくならないですし、風が冷たくなってきました。
ツバメも南紀行で数が減ってきました。
短い夏はもう終わり。
ナツオとしては非常に残念。
来年も夏が来るだろうか。