日別アーカイブ: 2019年10月1日

Oct. 1

ラグビー日本代表に外国人がいることで不満というかダメ出しをする方がいるそうです。

「そんなこと、どうでもよくない?」

これがわたくしの考え。

今回、出場国のどの国が単一自国民だけで組織されているんです?

みんな人種が混ざり合っているし、みんな活躍の場を求めて外国でプレーしている。

国籍や人種が違えど、その国で暮らし、そのスポーツと仲間を愛していればどうでもいいことです。

といいますか、ラグビーやっている人はみんなそう思ってます。

集団格闘技なので仲間との連帯意識は強くなりますし、非日常を楽しむということが前提となっているので、戦いが終わった後は相手へのリスペクトの気持ちも自然と湧いてくるものです。

うわべのものなんて結局は関係ないんですよ。

戦友なんでね。

 

陸上やバスケットボールでもハーフやクウォーターの方が活躍する機会が増えました。

これからますます人種が交わって、日本人とは何なのかを問われる時代が来ると思います。

肌の色や目の色が違っても日本人として生きていく人が増えるんですから。

国とはどういう集合体なのか、考える機会が増えそうです。