日別アーカイブ: 2019年10月15日

Oct. 15

海外から多くの方々がやってきて、マスメディアだけでなく一般の皆さんも好意的なコメントを発信してくださっているようです。

日本の文化が良い形で紹介され、とてもありがたいことだと思います。

 

初めて海外に行ったのはもう30年以上も前のことですけど、ホント、バカにされましたよ。

高校生だったのでそれなりに多感な頃でしたし、その後の人格形成に大きな影響を与えることにもなったと思います。

映画を見れば、日本人はお辞儀ばかりしていて、ラジオ体操みたいに機械的に動く人種のように描かれていました。

アメリカ史の授業ではパールハーバーの開戦のイメージから、日本人=卑怯者というような扱い。

「なんでこんなにバカにされなきゃいけないんだ」と落ち込んだものです。

怒りたい気持ちも無くはなかったのですが、独りだったんでね。ええ。

怒ったところでなんの解決にもならない。

そもそもアメリカに行こうと思ったきっかけは、あの当時NHKラジオ英会話の東後勝明先生の影響だったんですが。

東後先生が「海外に行ったらunofficial ambassadorと思って過ごさなくてはいけない・・・」と仰っていたんですね。

直訳すると「非公式大使」。

どういうことかと言いますと、”海外に行ったらその人の素行が人種やその国民として判断されるから気をつけなさい”ということなんですね。

カンザス州に住んでいたんですけど、日本人が全然いなくてですね。

結構珍しがられまして。

日本人にみんな会ったことがないから、わたくしの一挙手一投足が日本人のイメージとなってしまうんです。

これはホント危険でしたね。

Naoki=Japaneseですからね。

体は大きくスポーツもできたので、彼らが持つ日本人のイメージは払しょくできたと思うんですけど、行動にはすごく気を付けたものです。

いや、逆に変なイメージを植えつけた可能性は否定できないのですが。

 

今回のRWCで選手やマスメディア、ファンなどが、ホスト国としての日本を称賛してくれています。

でも、それはジャパンの勝利が大きく作用していると思います。

ニュージーランドとの屈辱の敗戦から24年。

サイズがものを言う競技で結果を出した。

多くの人がそこになにか生きるヒントがあるのではないか、学ぶべきことがあるのではないか。

そういう視点で見てくれている。

 

自分が学生のときに宿沢さんがジャパンの監督でスコットランドに勝利しました。

その後、日本ラグビー界の改革を志半ばで他界されました。

「勝つことのみが善である」

宿沢さんの哲学を思い出し、本を読み返しているところです。