日別アーカイブ: 2020年1月13日

Jan. 13

仕事の帰り道にラジオを聞いておりましたら、成人式について特集をしていました。

18歳を成人とする法案が可決したのに、あまり認知されていないようです。

世界的には18歳を成人とするのが主流で、20歳というのは非常に少ないといわれています。

自治体で行われる成人式では毎年のように暴動騒ぎが起きたりと「いったい何なんだろう・・・」と疑問に思います。

お分かりかと思いますが、20歳のときに成人式に参加しておりません。

行く必要性も感じませんでしたし、大学のトレーニング場にいたような気が。

寮生活でめったに実家に帰らないので、たまに帰ったときにも成人の話題もなかったかな。

もう、ぜんぜん覚えてない。

最近は1/2成人式とかわけのわからない儀式があったり、ようわかりません。

日本は豊かになったので、親と子供の距離が異様に近いように思います。

親が子供から離れられなくて”感謝されて感動したい””子供に愛されている自分を確認したい”という感じではないでしょうか。

やたらと承認欲求が強いといいますか。

 

みんなでイベント化するのやめませんかね。

もっと個人単位、家族単位で動いたほうがよくないですか?

成人を祝いたければ祝えばいいし、スルーしてもいいし、自治体でイベントを開催するのもやめる。

一緒にやらないヤツは仲間外れにするような、村社会的な雰囲気をなくして欲しいですね。

それぞれ誕生日を祝えばいいだけなんじゃないかと思うんですけど。

高校を卒業したら社会人として一人前として扱う。

「精神年齢からしたら子供だから・・・」なんて考える必要なしです。

自分自身で乗り越えてもらって、成長してもらえばいいじゃないですか。

親はさっさと子供から離れて、自分のやりたいことを見つけたほうがいいですね。

 

最近の傾向だと思うんですけど、若者に限らず受身の人多くないですか?

これって親も学校も社会もみんな、お膳立てしてあげるからだと思うんですよね。

だから、就職面接のときに「会社は私に何をしてくれるんですか?研修制度とかあるんですか?」みたいなことを質問するんです。

逆でしょ!!

「あなたは会社や世の中に何ができるんですか?」とこちらが質問したいんです!!

自主的に動いている人にはサポートしましょう。

動こうと思っているけど一歩を踏み出せない人には後ろから優しく背中を押してあげましょう。

それ以外の人にはど突くか経済制裁。

もうこれしかない。

ような気がします。

成人を迎える若者たち。

世の中はそんなに甘くないのでございます。