日別アーカイブ: 2020年1月26日

Jan. 26

夫婦別姓選択制について国会で議論されているようです。

自民党の女性議員がヤジを飛ばしたそうですが。

どうなんでしょうね。

 

わたくしはこの夫婦別姓選択制に反対する意味はいったい何なのだろうとすごく疑問に思います。

だって、選べばいいだけの話でしょう?

今までの制度通りに同姓にしたければそうすればいいし、別姓でいたければそうすればいいだけのこと。

別姓でなくてはならないとか、同姓にしなくてはならないという縛りを作る話ではないんですから。

うちのかみさんが「もとの姓に戻したい」って言ってきたら、「あっそっ」で済む話ですけどね。

「オレの姓を名乗らないのは失礼だ」などという人には、”どんだけ相手を支配したいんだ”ってドン引きします。

ホント、意味不明です。

 

今からこれをするとデータ管理が大変だとか伝統が失われるという意見があると聞きました。

いまどき、これだけコンピュータが発達しているのにデータ管理が大変だはないでしょう。

いちいち手入力なんて時代でもないし、なんでも画像やソフトで「ピッ」で済むことだと思います。

戸籍制度も廃止してもらって、一般的な情報は国で一元管理してもらいたいですね。

伝統を守る?

守りたい人は守ればいいじゃないですか。同姓にして。

別にそんなことを重視しない人だっているんですから、選べるようにするだけのことです。

伝統がそんなに大事なのであれば、洋服なんて着ないで着物で生活してください。

子供がどちらの姓を名乗るかというのも興味深い。

 

時代に応じて制度を変える。法律を変える。

そういう柔軟性を持っていたほうが良いような気がします。