月別アーカイブ: 2020年6月

June 28

5羽の雛はあともう少しで巣立ちです。

狭いところでひしめきあってホントかわいいです。

帰りに急に雨が降ってきたので、「これは虹が見れるかもしれない」と運転しながらキョロキョロしていたら側溝に落ちそうになってしまいました。

箕輪の付近で虹が見えたので撮ってみました。

いいことがありますように。

June 27

週末は会社のリフォームを少しずつ進めています。

一気にやればそれはそれでいいのですが、時間をかけながらお金をかけずに使える部材を有効活用できないか考えながら取り組みます。

お金をかければ誰でもできる。

それはやはりつまらないと思う性質なので、知恵を絞って考えることに価値を見出そう。

バラされた部材を見ながら、これって何に使うんだろうといろいろと考えて「あーっ、こういうことか」とうまくはまったときはすごく嬉しい。

 

諏訪湖周を走ってジムへ。

山崎会長に「走ってからウェイトをやる超アブノーマルな男」と評され、今日も嬉しかった。

筋力アップに重点を置くとすると、走ってからのトレーニングは効果が落ちるんです。

暑い中で走ると体にはそれなりのダメージがあり、今日はまったく力が出なかった。

 

トレーニング自体は自分との大事な対話の時間であり、没頭できる貴重な時間でもあります。

思い通りに行かないことばかりで、何となく気持ちが萎えることもありますが、リフレッシュできることがあってよかった。

 

June 25

この高森氏がプロ野球選手だったことは知らなかったのですが、最近は非常に注目されている方です。

この対談の内容も非常にいいですね。

うん、うんと頷きたくなります。

それだけ魅力のある方なのだろうと思います。

 

「長く続ける」

そのためには目の前のことばかりに囚われていてはいけない。

より深く物事を考えなくてはいけないし、遠くから客観的に観察する力も必要だし・・・・。

 

人や物事に対して誠実であること。

あいさつもろくにしない人も多いのですが、自分自身はいつも明るく元気に振る舞いたいと思うのでした。

「また会いたい」

そう思われるような人に近づいていけたらいいんですけど。

June 23

今日はスマホを家に忘れてしまい、「今日は現金払いか・・」と思いながらSBに寄りました。

アンさんが休憩時間でコーヒーを注文しているところで、ご馳走になってしまいました。

談合坂SAのお友達。

今度立ち寄るときにはプレゼントを持参することにしましょう。

「恐そう」と敬遠されがちなわたくしではありますが、気さくに対応してくださる方も少数派ではありますがおられまして、ただただ感謝する次第です。

ありがとうございます。

今日みたいな日があると、嫌なことも忘れられます。

ですので、自分自身もそういう振る舞いをできるように心がけたいと思います。

 

June 21

「グリーンブック」 ピーター・ファレリー監督を観ました。

最近の映画では一番いい感じの作品でした。

生きてきた環境に大きな違いがありながらも、友情が育まれていくストーリーがなかなかいい。

実話ということで、知らないことがまだまだたくさんありますね。

アメリカでは差別によるデモが起きているので、舞台となっている1960年代から考えると根深い問題であることが再認識できます。

June 17

高い場所にあって暗いのであまりきれいに撮れません。

親がせっせと餌を運んできます。

雛たちはまだ目がよく見えないので、音や光に反応して餌をねだります。

黄色いくちばしがなんともかわいい。

 

身近な鳥はそれなりに研究されていて、ツバメの生態も面白いものがあります。

ツバメ界では尾の長いオスは男前!!

そのように言われております。

複数のメスといい関係になるそうです。

短いヤツは寂しい思いをしていることでしょう。

我が社のツバメ君はどうなのかな。

 

June 14

会社の荷物受け入れ口にツバメが巣を作りました。

去年は結局は断念してしまいましたが、今年は巣作りを失敗しないように受けを作ったところ、数日で作り上げました。

先週に卵の殻が落ちていたので雛が生まれたのだと思ったのですが、鳴き声もしないしダメなのかと諦めておりました。

今日、会社に行ってみたら鳴き声が聞こえました。

これから2週間弱、巣立ちまで元気に育って欲しいと思います。

 

June, 8

コロナ問題が起きて以来、会社に行かない日はなかったのですが、久しぶりに家で過ごしました。

草刈や山仕事など、やるべきことがたくさんあって一日では終わりません。

家の近くを10キロくらい走りました。

走ったのも数ヶ月ぶり。

心肺機能が低下してしまって、息が上がってしまいます。

今年は諏訪湖マラソンも中止が決まりました。

走る場所も気を遣わなくてはならないので面倒です。

 

昨年植えたヒトツバタゴが咲きました。

たくさんの花をつけるには2・3年かかりそうです。

楽しみに待つことにしましょう。

Jocko Willink氏のスピーチ

とてもわかりやすいスピーチで、英語の勉強にもなります。

どちらかというとわたくしと同じで暑苦しい、押し付けがましいところのある方なのですが、生きるか死ぬかの狭間にいた人の話はグッときますね。