投稿者「谷 直樹」のアーカイブ

Apr. 1

コロナ問題で辟易する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

長野県内は数人の感染者が確認されているだけで大事には至っておりません。

ただし、茅野や富士見などの別荘地では東京からの避難民?で賑わっているようです。

スーパーやドラッグストアでは彼らによる買い占めがあると聞きました。

人の移動によって拡散するわけですので、なるべく動かない努力が必要ではないでしょうか。

東京の人は東京に留まっているほうがいい。

これには賛否両論ありますが、感染者の多い海外から帰国した方々は2週間ほど隔離観察が必要とされているわけで、移動しない、させないが感染を遅らせることができる唯一の方法ではないかと思います。

 

行政からは自粛の要請が出ています。

小池都知事の連日の会見をネットで見ました。

いろんな批判をする人もたくさんいますけど、言葉を選ばないと混乱を招くので難しいところです。

「なぜ自粛要請なのか」というのをみんな理解できていないのではないでしょうか。

特に若い方々の言動や振る舞いを見聞きすると、もう少し深刻に受け止めてほしいなと思います。

行政は命令できないわけです。法律がないので。

命令は罰則とセットで発令されるもの。

罰則には法律の規定が必要。

命令という形を取れたとしても、今度は国民がパニックに陥る可能性がある。

買いだめする人も増えるだろうし、感染した人に対して差別的な姿勢に転じる人だっているに違いない。

咳をしただけでバイ菌扱いする輩も出てくると思う。

 

日本は漂う空気に左右されるところがあるので、首長たちも様子を見ながらみんながパニックにならないようにだけ気を付けているのだと思います。

パニックになったら、医療崩壊につながります。

みんな病院に殺到するだろうし、そこでみんな院内感染してしまう。

他の病気の人たちが通常の診察も受けられない。

人工呼吸器も足りないから、受け入れ人数にも限界がある。

優先順位といっても先着順だろうから・・・。

医療従事者は不眠不休で対応せざるを得ない。

と、もう手の付けられない状態になるのがわかるじゃないですか。

 

うまくやり過ごす方法がないか。

首長にしてみれば、お願いするしかないということだと思います。

一年後には全員感染しているかもしれない。

少しでも後ろ倒しできるように心がけよう。

医療現場の方々に過度な負担がかからないようにモラルのある行動をとろう。

大切な人が苦しむかもしれない。

そう思えば自分がとるべき行動は変わるはずなんだけど。

Mar. 29

3月の最後に雪が来てしまいましたね。

さすがに気温が高かったので溶けてよかったですけど。

やむ時間帯を見越して会社周辺の雪かきをしました。

社員も3人が協力してくれましたので、早く終わってよかったです。

ここ数年は高齢化が進んでいるからなのか、近隣の家でも雪かきをする人があまりいません。

若い人がいないわけではないと思うのですが、人任せの人が増えているということでしょうか。

帰りがけによく立ち寄るコンビニがありまして、広い駐車場を一人の女性店員が雪かきをしていたものですから、飲み物を買ったついでに手伝いました。

「お客さんにやってもらっちゃ困ります」って断られるんですけど、雪かき積んでて泥撥ねして立ち去るなんてできないっすよね。

世の中の役に立てた気がして程よい疲れも相まってよく眠れそうです。

 

Mar. 27

骨折の経過確認ということでレントゲンを撮ってきました。

サツマ先生は苦笑い。

「痛くないの~?」

固定もしない、なにもしない。

なのに骨がくっついている。

2日前に金槌で作業をして少し痛みがあったので「もしかしたら、悪化したかも・・・」と思ったのですが、「あのね~、骨折なので少なくとも2か月くらいは激しい作業は控えないと・・・」とご助言をいただきました。

言うことを聞かない患者との問答は傍から見たらどう映るのだろう。

看護師の皆さんも苦笑いというか、面白がっておりまして。

まあ、驚異的なスピードで治る変な男という位置づけは死守しました。

自然治癒オリンピックがあったら絶対にメダル候補になると思うんですよね。

Mar. 26

コロナウィルスの問題で政府や行政側からの自粛要請が相次いで表明されている。

みんなそれぞれの立場で反応するわけだけど、なんかもううんざりしています。

やたらと攻撃的な発言が多くて。

 

未知の危険に対する恐怖。

誰も経験したことのない危険の対処には正解はない。

結果を見なければ何もわからない。

あとになってからやっとその時の判断が良かったのか悪かったのかがわかる。

 

だれも責任を取りたくないし、悪者になりたくない。

だから、当たり障りのない方針しか出せないし、責任を取らなくていいように一生懸命誘導していく。

そうせざるを得ない場合もある。

リーダーがダメなのかと言ったらフォロワーだってどうなんだろう。

みんな評論家になっていないだろうか。

一億総評論家。

リーダーに責任を取らせたいが、自分ではリスクさえ負わない。

みんな誰かのせいにしていないだろうか。

 

パニック同然であろう他国に比べれば日本はましかもしれない。

感染者数も死者数も低い水準を維持している。

わたくし自身も普通に生活できている。

感染しないように気を付けなくてはいけないし、感染したら他の人にうつさないようにする。

これは個人のマナーやモラルの問題である。

重症化しないように体力を養っておく。

 

どうしたらよいのか。

何かにつけ「どうしたらいいですか?」って聞く人がいる。

そういう人は自分で責任を取れない人だと思う。

うまくいかなかったときには「言われた通りにしたので・・・・」とその人に責任を押し付ける。

一番イヤなパターンです。

自分の人生なので本人に選択権があり、その選択には責任を負うのが筋。

「自分はこう思っているのだけど、あなたはどう思う?」というのが大人の対応である。

 

道徳意識がそれなりに高いから今の状態を維持できている部分もあると思う。

自分だけでなく周りの人のことも考えて行動するよう教育されてきたから今があると思う。

どうやったらみんなで乗り越えられるのか考えよう。

リーダーの声には耳を傾けて個人でできることをやっていこう。

今回の件でみんな学びの機会を得た。

未来は誰にもわからない。

何が正解かもわからない。

ちょっと先を見ながら常にベストと思ったことに取り組んでいくしかないのだ。

自分自身の生きる力が試されている。

Mar. 24

3連休というのはわたくしのような人間にはあいません。

土日休みのペースが崩れて調子を落とします。

昼休みに走ろうかと思ったのですが、口内炎が悪化してきて「これは黄色信号」と思い、散歩に切り換えました。

いつもの走るコースにある郵便局の花壇にクロッカスが咲いていて撮りに行きました。

このような形状の花が好きです。

丸っこくて、おしべとめしべが隠れているのがいい。

フリージアとかチューリップも同じような形をしていますが、なんだか好きなんです。

恐らく幼少の頃の経験が影響しているのだと思います。

水栽培の瓶を母親に買ってもらって、窓越しにクロッカスの花を眺めていた記憶があります。

あの瓶はまだ家にあるのかな。

フリージアも母親が友達の花屋さんからもらってきて、切り花の青臭い葉っぱの香りと甘い花の香りをいまだに思い出したりします。

フリージアはいいな~。

Mar. 22

三連休でしたが牧草地に倒した赤松の片付けです。

手が痛くて万全ではないので、いつものようには切ったり折ったり運んだりはできません。

関先生曰く「驚異的な回復力」で作業ができてよかったと思います。

年輪を数えると70年くらいありました。

戦後わずかした頃に芽を出したんですね。

丸太切りするのも一苦労ですが、とにかく幹が重たいのでバックフォーで運びます。

面倒なのは枝葉で、数十往復しなくてはなりません。

途中で雨がたくさん降ってきたので、来週に持越しになってしまいました。

急に暖かくなってあちらこちらで花が咲き始めています。

5月くらいまで庭や山の中の花を楽しめそうです。

Mar. 18

今回の世界的なコロナウィルスの問題で、テレワークについて語られる機会が増えました。

すでに一部の大手では実施されているようですし、好意的に受け止める空気が流れています。

「業績に影響していない」ということで更に推進していく企業もあるようです。

技術が進歩してテレワークでも日々の業務が行えるようになったことは良かったと思います。

ただ、現時点では「業績に影響しないレベルの仕事をしているに過ぎないのではないか」と疑問に感じることも多いです。

これからテレワークが進むと仕事の仕方が変わってきそうです。

コミュニケーションの大半は言語を使用するので、これからはより言語化する能力が問われることになると思います。

抽象的なものごとを

・端的に

・わかりやすく

言語化して説明する能力が必要とされるということです。

これを得意としない人は余計に時間を費やして仕事がややこしくなるので危険です。

やらないほうがよかったとなるに違いありません。

会社に行かなくても結果を出すことが求められるので、本当にできる人材は限られるのではないかというのが自分の見立てです。

我が社の業務はテレワークに向きません。

会社に行かないとできない業務ばかりです。

管理業務においてでさえ、実際に聞いて、ものを見て触ってというのが必要ですから。

 

パソコンやスマホで仕事が完結できる業務であれば、世界中どこでも仕事ができることになるので、逆にいま言う働き方改革は意味がなくなります。

そもそも会社に所属する必要があるのかどうかも問われるし、能力の高い人ならフリーランスでいくらでも遂行できます。

一日24時間対応での仕事になるだろうし、残業どころか始業や就業時間の概念もなくなる。

多様な働き方に移行していかざるを得ないので、それをいちいち法律で縛ることも難しい。

結局、結果を出す人間のみが生き残れるということになると思います。

相手の素性が分からなくても完結できる仕事なら、「AIでよくない?」となりそうな気もする。

 

「会社に行っていれば給料が出る」と思っている人はこれからは厳しいですね。

AIにとって代われる仕事もあるし、人間でなければ対応の難しい業務は二極化していく。

二極化したらどちらに属するのか。

「余人をもって代えがたい」

この側に属していないとね。

そう。プロです。プロ。

プロブレムじゃダメです。

プロフェッショナルです。

世の中そんなに甘くないんでね。

厳しいっすよ。これからは。

 

Mar. 16

首が痛くて金・土と眠れなかったので、接骨院に行きました。(昨日はロキソニンのお陰で痛みが軽減しましたけど)

関先生に施術していただきまして、「これは谷さんじゃなければ入院しているでしょうね・・・」とのご評価でございました。

先生から「いいね」をもらってよかったです。

「骨折しているのにシップだけ?痛み止めとかは?」と心配されましたが、これはサツマ先生とわたくしの関係上の問題がありまして。ええ。

ギブスをしても勝手に取り外す。

縫っても勝手に抜糸する。

前歴がいろいろあるものですからお医者様としても最低限の措置をするのみ。

意思疎通が取れております。

(サツマ先生はとてもよいお医者様ですので誤解がないようにお願いします。)

サツマ先生はラグビーがお好きでして、選手の素行についてはよくご存じなのでございます。

わたくしにとってはとてもありがたい先生。

よい子の皆さんはお医者様の言うとおりに安静にしましょうね。

診断書に余計なことも書いてもらって長く休もうという輩はいただけませんね。

格闘技系、ラグビー系の人種というのは、そのような思考はございません。

痛くても続ける。

倒れたら立ち上がる。

血が出たら止血すればいい。

切れたら縫えばいい。

そのうち治る。

死ぬこと以外かすり傷なのでございます。

そのような思考をご理解いただいている仲間がいるといいですね。

大げさな人が結構多いんでね。

 

皆さん、誤解がないようにお願いいたします。

がさつな人間ではございません。(見かけによらず)

雑な仕事をする人は大嫌いです。

自分が自分に対して雑に扱うのはよくても、雑に扱ってくる人は・・・ちょっとね。

お友達にはなれませんね。

 

Mar. 15

東京方面に行きましたら20度越え。

週末は打って変わって雪という、体調を崩しそうな天候です。

神様が休めと言っているような気がしているので、おとなしくしていようと思います。

一昨日から首が痛くて、どうも落下した影響が出てきてしまいました。

首ってホント大事で、寝返りを打つたびに激痛で眠れませんでした。

 

コロナウィルスが全世界に広がって、各国の対応が気になるところです。

身近なところでマスクやトイレットペーパーの取り合いといったことが起こり、改めて人間というものについて考えさせられます。

近年は観光客が増え、「日本人は民度が高い」などと称賛されることもあり、「日本人でよかった」などと勝手に思い込むことがありました。

でも、人間というのはこころの動物。

民度の高さというのも表面的なものにすぎません。

何をもって民度が高いというのでしょうか。

ドラッグストアで店員を怒鳴りつけている中年・老人を見ていると、人間の本性が露呈しているようでとてもイヤーな気持になります。

こんなことを言っている自分でさえ、「追い込まれたら理性などは保てるのだろうか、いや、無理なのだろう。化けの皮が剥がれるのだ。」と考えたくないことまで考えたりして。

こういう状況でも献身的に働いている医療機関の皆さん、困っている人を助けようと活動しているボランティアの方々には頭が上がりません。

 

首相の「降伏」演説と集団免疫にたよる英国コロナウイルス政策

イギリスは他国とはちょっと違った政策を試みるようです。

医療現場が崩壊しないように、全体の感染を遅らせないかというやり方。

果たしてどのような取り組みが一番効果があるのか。

経済と同じで答えはないわけで、結果を見るしかないのです。

 

 

 

 

Mar. 12

少しづつ暖かくなってきて、昼休みにランニングを再開しました。

まだ芽吹いてはいませんが、1週間もすればクロッカスが咲き始めそうです。

クロッカスは好きな花のひとつで、子供の頃の水栽培を思い出します。

 

4キロほど走りますが、息が上がってしまって。

毎年、どんどん体力が落ちていくのを実感します。

悔しいですが仕方ありません。

でも、まだまだ頑張ります。

そろそろツキノワグマが冬眠から覚めますし。

不戦勝目指して鍛えます。