カテゴリー別アーカイブ: 社長の独り言

June 20

「ノウフク」
農業と福祉のコラボ。
ニュースを聞いておりましたら、これを国や自治体で推進する動きがあるそうです。
農業従事者の高齢化。
障がい者の社会進出の問題。
ひとつの解決策として考えられているようです。

「条件を整えてあげないと難しいな」
これがわたくしの率直な印象。
一般企業の就労と同じでマッチングの難しさがあります。
障害を持った方々の特徴や特殊な能力を生かすには業務がシステマチックになっていないと上手くいきません。
農業というのは向いていないんですよね。
まずは天候に左右される。
農閑期がある。
毎日同じような業務があるわけではなく、「ある一定期間にしか一定の業務がない」。
これが問題なんです。
作業を覚えたと思ったら、来年までその作業はない。
そういう不安定な業務というのは一番向かないですよね。
雨の日にはどうするのか。
農閑期はどう過ごすのか。
これで食べていけるだけの収入を得られるのか。
大いに疑問です。
ただし、水耕栽培や温室栽培、きのこなどの工場では上手くいくと思います。
ある意味、システムが構築されていて業務も一定、数量や時間の管理も徹底されています。
こういう仕事で推進していただけたらいいなと思います。

人の感覚や環境に左右される仕事というのは管理がしにくい。
障害を持った方々、特に知的な障害を持った方々にとっては「曖昧さ」が苦手です。
「こんなかんじ、あんなかんじ」「これくらい」
というような曖昧な指示は理解が難しいんです。
「100g」「50個」「20分」
というように明確な指示を出すことが大事。
グレーゾーンは極力なくす。
「いいものはいい」「ダメなものはダメ」と白と黒をはっきりさせる。
そういう業務にするためには管理者がシステマチックに仕事を準備していなくてはならないんです。

先日、障害者雇用について書きました。
上記のようにシステム化された仕事では力を発揮できるのですけど、これは自動化に代替できる可能性があります。
ですので、どうやったら彼らの雇用、社会参加を促進できるのか悩んでいるのです。

国や自治体が挑戦することは喜ばしいことですが、安易な取り組みにならないように祈るばかりです。

June 18

社員に声をかけられまして。
「諏訪湖で会いませんでしたけど・・・何時に走ったんですか?」
一周歩いていたみたいです。
実は足を痛めておりましたので、8kmしか走っていませんでした。
次回は会いましょう!!
1周16Kmですので普通に歩けば4時間です。
湖や池の周りを走るのはとてもいいんです。
半分まできたら、ショートカットできませんから最終的には1周することになるので。

昨日は釜口水門から湊地区では多くの人がお揃いのTシャツと帽子で草取りしておりました。
湊地区の人たちはすごい団結力だな・・。
オレにはムリ・・・。
そんなことを考えながら走っていたんです。
今日、社員に聞いたら宗教関係の皆さんだったようです。
地区の活動だろうが、宗教だろうが社会貢献はいいことです。
諏訪湖は汚れていますが、ジョギングロードの脇の木々や草花は綺麗に整備されて、走っていてとても気持ちがいいです。
ありがとうございます。

さくらんぼを頂戴しました。
可愛いですね。

June 17

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を観ました。

これもなかなかの作品です。
第二次大戦中のイギリスが舞台ですが、実話を元に作られています。

”Sometimes it’s the very people who no one imagines anything of who do the things no one can imagine.”
”だれも予想だにしない人がだれも想像ができないような偉業を成し遂げることだってあるさ”
いじめられていた主人公を唯一理解していた友が諭すように語りかけます。

差別や偏見と言った社会問題も盛り込まれており、考えさせられるすばらしい映画であります。

続いて「October Sky~遠い空の向こうに~」
これは男性が観たら泣けます。
主演は若い頃のジェイク・ギレンホール。
これも実話を元にした作品で、「頑張ろう!!」という気持ちにさせてくれます。

June 16

いつものように会社で・・・
諏訪湖で・・・・
汗だくで・・・白樺へ。

セルフ父の日が流行っているそうです。
わたくしは毎週末が父の日。
何かしらの記念日という口実でスウィーツを買います。
一週間頑張ったね記念とか。
梅雨の晴れ間記念とか。
レジの女の子が可愛かったね記念とか。
何だっていいじゃないですか。
みんな何かしらのイベントが必要のようですが、そんなもの自分で作ればいい話。
イベントなんぞに頼らず、身近な人にはときどき感謝の気持ちを伝えればいいかな。
もちろん自分にも。(頻繁に)

パティスリー白樺様でケーキを包んでいただいているときに、鏡に映る自分を見てビックリ。
「ちょっと、ちょっと・・線が細い・・んですけど!!」
鍛え方が足りないようです。
腕もちょっと細いし、プリケツとは言いがたい腰周りとその出で立ち。
少し負荷を上げます。
それから「人相が・・・ワルッ!!」
ホント、最悪です。
顔はどうしようもない。
ジャガイモに似ている。
鍛えても変わらないしな・・・。
諦めます。
極道の道へ。

June 14

非正規労働者 5年目の「ジェノサイド」 ―― 無期雇用への転換逃れか、相次ぐ雇い止め

誤解がないように前置きをしておきましょう。
職を失うことは非常に残念であるし、何とかならないだろうかと思う。
法の整備が行き届いていないかもしれないから、理不尽であれば主張して構わない。

雇い止めや契約を満了となる方々はご自身の仕事の実績についてはどう自己評価されているのでしょうか。
納得がいかないということは、雇う側と自身の仕事の評価に乖離があるということだと思います。
「自分は他の正社員と同等に仕事をしている。それなのに評価されない」
そういうことなのだとご察しいたします。
いちおう、雇う側の立場として言わせてください。
「あなたが思っているほど、できていないのではないですか?」
「正社員と同等レベルではダメなんじゃないですか?」
「だれもがぐうの音も出ないほどの成果を上げてから主張したほうが良くないですか?」
「弱い立場を利用して、力を行使していませんか?」

自分に問いかけてみてほしいのです。
所属する組織のために人一倍頑張り、結果を出しているのかと。

”できる人”は会社が離しません。
何も言わなくたって勝手に成果を上げてくれますから。
身勝手な主張もしません。
淡々と仕事をこなし、社内でもお客さんからも「あの人は・・」と言われる存在です。
休みをとっても「たまにはゆっくり休んでください」と言われます。
休み明けには「これ、やっておいたんで・・」と頼んでいないのに仕事を手伝ってくれます。
「なんで休むんだ・・・」なんて陰口もたたかれません。
そのような人が会社を去るとなったら大騒ぎです。
「なんで?」「どうして?」
仲間が心配します。
「もう少し、会社に残ってくれないか?」
と、社長から慰留されます。
「うちに来ないか?」
と、取引先からオファーが来ます。

「不当だ!!」
そういうこともあるかもしれませんが、そんなことを言う前に自分を客観的に見たほうがいいです。
自己評価というのは往々にして高く見積もるものです。
自分が走っている姿やラグビーをしているときのビデオを見たら、本当にがっかりしました。
「これ、オレ?」
残念な気持ちになりました。
一流の無駄のない動き。
比較したら散々な有様です。
だからといってあきらめてはいけません。
自分にできることを一生懸命にやる。
昨日より今日、今日より明日。
常に上を目指して頑張るのです。
「頑張ってるね・・・」と声をかけてくれる人が現れます。
ひとり、ふたりと知らないうちに仲間が増えていきます。
「もっと頑張っちゃおうかな・・」なんて思っちゃいます。

これこそ楽しい人生じゃないですか。

矢印は外にではなく、内側に向けましょう。

 

June 13

障害児向け「エリート校」が生まれる根本理由

研究する立場としての見解かと思うのですが、実態が良くわかっていないのではないかと思います。
「障害を持った方々は特別な支援が必要である」
「就職できたからといって、それで幸せかどうかは別問題である」
「受け入れる企業の抱える問題」
このようなことは、実際に関わらないと理解できないものです。

”障害を持った方々の社会参加支援”というのはわたくしのライフワークのひとつです。
さまざまな場面では支援が必要でも、ある一部分では健常者よりも力を発揮する。
そういう子供たちと関わってきたからこそ、我が社でもそのような取り組みをしてきました。
ところが、この数年で状況は一変しつつあります。
AIやロボットの発達です。
これから多くのルーティン業務が置き換えられていくでしょう。
一般就労した多くの人たちでさえ仕事を失いかねない状況です。
「人手不足」とは言いますが、求められる質の閾値が上がっているので、そういうレベルの人が不足しているということなのです。
「会社に行けば、何かしら仕事があって給料が貰える」的な人には仕事がないんです。
単純作業で力を発揮できた自閉的傾向の方も厳しい局面を迎えることになるに違いありません。
障害を持った方々は変化への対応が難しいのです。
しかしながら、世の中の変化が早すぎる。
製造業では量産がなくなって、多品種小ロット対応を迫られる。
当然のことながら、頻繁な変化にどれだけ適応できるのかが分かれ道。
パッ、パッ、パッっと素早く切り替えができる人。
こういう人が求められているんです。
障害を持った方々が一番不得意な局面に置かれてしまいました。
では、どうしたらいいのか。
日々悩んでいます。

いつも言っている通り、「器」の問題なのだと思います。
社会の器。
トップの器。
組織の器。
個人の器。

「器」というのは、経済的にも精神的にも余裕がないと続かないと思います。
精神的に器が大きくても、結局は生きていくためのお金を生み出さなくてはいけない。

「障害を持った方々にも仕事を提供できるほど利益を上げる」
もう、これしかありません。
「仕事を完遂できるほど教育する」ことも平行して行う。

自分たちの身近な人が障害を背負うことがあるかもしれない。
自分自身だってそうなることがあるかもしれない。
そんなとき、会社や世の中はどう向き合ってくれるのか。
そう思うと、こういう考え方を会社の基礎にすえておかないといけないと思うのです。

 

June 12

”走って筋トレ”
「仕事と関係なくない?」
そう突っ込みが入りそうです。
ええ、そうです。
直接的な因果関係は全くありません。
ただ、「やらない人にはわからないだけ」と思っております。

職責が重くなると、お友達が減っていきます。
もともとお友達が少ないわたくしには好都合。
独りでできることを突き詰めていくことになります。
そうです。
筋トレとかランニングにはまっていくのです。
ダンベル君とランニングシューズ君が最愛の友。
彼らは絶対に裏切りませんからね。
軽口をたたくこともなく、いつもじっと待っていてくれます。
踏みつけられても、反発してきません。
低反発です。
アシックスのGELはかなりいい。
体重が重たくても、やさしく吸収してくれます。
雨の日も風の日も苦楽を共にしてくれます。
犬のフンを踏んだって憎まれ口もいいません。
なんていいヤツなんでしょう。
泣けてきますね。

誰もが「アホじゃないか」と思うことを一生懸命にやると、違った景色が見えてきます。
走って筋トレを例にとれば。
体型が変わるし、達成感を味わっているから笑顔が増えるし、ご飯一杯食べるし・・・。
心身ともに元気になります。
思考はプラス方向にかなり振れます。
走っている途中で時々スキップするともっといい。
脳科学者の茂木先生も毎日走っているそうです。

というわけで、最終的には仕事にも好影響を与えてくれるもんなんです。

June 11

カルビーの会長 松本氏がライザップに行くそうです。
ジムじゃなくて・・・。
というか、ジムに入ってるらしいですけど、経営のサポートに入るそうです。
どんな会社に発展していくんでしょう。

ライザップの瀬戸社長は若干40歳。
すごいですね。
経営のプロが応援したくなる若社長。
とても魅力的な人なのだと思います。

魅力的な人間になりたいと思ってもなれるものではありません。
さあ、どうやったらなれるのでしょう。
答えはなさそうです。
そう。
だから、走って筋トレです。
「あいつ、アホじゃないか?」
それくらい自分を追い込む。
一生懸命にやる。
それでいいんじゃないかと思うのです。

June 10

今日は風は強いし雨が降り出しそうで「今日はいないかな」などと思いながら走りました。
いました。
アホが5人ほど。
昨日は重たいものを持ち上げすぎたのか、体がギシギシとキシミ音がしております。

軽トラを買い換えまして、絶好調です。
マフラーには穴が開くし、エンジンスターターの部品は折れるし。
さすがにまずい状態でした。
同じハイゼット君の10年落ちですが8000キロしか走っていなくていい感じです。
サスペンションも30年前の車に比べると格段に良くなっておりまして。
これが最後のマイカーとなりそうですので、活躍してもらいましょう。


ウツギ(卯の花)