社長の独り言」カテゴリーアーカイブ

Sept. 30

久しぶりに昼休みに走りました。

汗をかくと解毒できたような気持ちになります。

風も適度に心地よく感じます。

考えて悩んでいる時間があれば、走るほうがよほど効果がありますね。

最近は自転車に乗る機会を増やしているのですが、筋肉の使い方が違うのでいい刺激にもなりそうです。

自転車は腿裏と内転筋を結構使います。

ラグビーをやっていたときのようにお尻の筋肉が戻ってきました。

ズボンの履き具合が違います。

スクワットやレッグエクステンションなどしていても、マンネリ化していくとダメだということがわかります。

伸びていくためには常に新しい刺激が必要だということです。

 

急ぎで試作のレンズを仕上げなくてはならないのですが、眼が悪くなってきてしまって。

以前のように見えないので、ルーペを使わないといけません。

眼というのはホント大事だなと実感しています。

眼の筋肉をどう鍛えればいいか。鍛えるというよりは治していけばいいのか。

 

今月は難しい試作に追われそうですが、頑張って終わらせなければ。

 

Sept. 29

右手首が朝からうずいて「季節の変わり目かな~?」と思いつつ。

いろいろと考える。

心の状態は体に作用し、体の状態は心に作用する。

イライラする日々。

何故にイライラするのか。

自分の思ったとおりにならないから。

これが結論である。

自分のこと意外は思い通りにはならない。

対人関係であればなおさらである。

そんなことは百も承知だし、自分と自分以外の課題を分離しているつもりがしっくりこない毎日。

結局は自分で消化する以外にはなく。

その手段といえば、自分をいじめることしかなさそうだ。

そしてM男魂に拍車がかかる。

歳に逆らってはみるものの、リカバリーも以前のようにはならず。

なにか静かに落ち着いて過ごせるものはないか。

最近は鳥の写真も撮らなくなったし。

 

ふつうなら反抗期真っ盛りの娘が手首を握ってくれた。

満たされない何かが埋まった気がした瞬間であった。

Sept. 21


高ボッチ高原より諏訪湖を望む 標高1665m

昼過ぎまで会社でお片づけをして。

約束どおり高ボッチ高原をチャリで走破しました。

山崎会長の話とはちょっと違って、最後の4キロくらいがかなり辛かった。

そもそもスタートで失敗しました。

専用のサイクリングシューズを忘れてしまいまして。

ペダルとシューズをカチッと固定できるマウンテンバイクなのですが、ふつうのランニングシューズのままこぐ羽目に。

「まあ、いけるだろう」と思っていたのははじめのうちだけで、登りが断続的に続くと辛いのです。

ふつうの自転車であれば踏み込むだけでよいのですが、本格的にこぐというのは円運動になります。

円運動全てに力を入れるので、要は押すだけでなく足を引きつける動作も行うのです。

なので、踏み込む筋力ばかり使ったせいで、やたらと脚が疲れました。

あとですね。

お尻のパッドつきのパンツを履かずに行きまして。

頂上で自転車を降りたら、もうお尻が激痛。

「うーーーっ・・・」

誰もいなきゃいいのに・・・、観光客が結構いるもんで・・・。

平静を装うのに精一杯でございました。

長距離の自転車を乗る人はアレが役立たずになるんですけど。

お尻の動静脈が圧迫され続けているので、よくないんですよ。

で、でも、世間の役にだけは勃ちたい!。(?)

 

下り道はもうビュンビュン飛ばして風になりました。

ヒルクライマーと4人くらいすれ違いました。

もう、同胞ですね。

みんな!がんばろう!!

 

車やバイクが結構多くてですね。

ほとんど県外の方々です。

巣篭もり生活の反動ですかね。

眺めもよくて、雲がなければ富士山も見えるみたいですし、なかなかいいところでしたよ。

次はどこの峠に行こうか思案中でございます。

 

Sept. 20


明松寺馬事公苑のハリー

前日はトレーニングしたのですが、パフォーマンスを上げるためにモンスターエナジーを飲みました。

このエナジードリンク。カフェインの作用がかなり効きます。

体はくたくたに疲れているのに、頭の中はギンギラギンに。

一睡もできませんでした。

お陰で口内炎が悪化の一途。

このような飲み物は体と頭のバランスが崩れるので危険です。

気をつけましょう。

 

馬術のオリンピアンの佐藤泰さんに会いました。

選手もそうですが競技に出る馬は一味違います。

あらゆる環境に耐えられるよう訓練されているようですし、そもそも素質が違う雰囲気があります。

スポーツはある意味アートですので、本物といわれるものや最高のパフォーマンスに触れるというのは本当に大事だと思います。

Sept. 19

不安、イライラのつのる今日この頃です。

コロナの問題は相当深刻で、ボディーブローのように効き始めています。

我慢には慣れっこですが、不安を払拭するのはなかなか難しいですね。

以前も紹介したのですが、デミオにはi-DMという運転のインジケーターがあって、スムーズな運転ができているか点数をつけてくれるアプリが搭載されています。

いつもモニターに表示して、自分の運転の状況を確認しています。

自分自身の精神状態が運転には現れるので、その指標になります。

不安があったり、イライラしているときは加速やブレーキが急になるものなんですよね。

みんなそうだと思いますが。

気持ちが安定しているときは車間も取るし、急加速もしない。

点数が悪いときはどこかで解消しないといけません。

最近は特に点数が低い日が多いのですが・・・。

そんなときは人に当たったりしてしまいます。

そういうダメなヤツなんです。

親しければ親しいほど、きつい態度をとってしまいます。

言わなくてもいいことも言ってしまいます。

癒されたい気持ちがあるのにどうしてそうなってしまうのか。

そして、自己嫌悪に陥ります。

 

ということで、土曜日なのでジムに行きました。

疲れていたんですけど、ガンガンやってしまいました。

へとへとになるまでやりました。

でも、終わった後の爽快感は最高です。

何物にも代えられない大切な時間です。

自分への最高のご褒美です。

山崎会長と自転車のヒルクライムの話をしていて「高ボッチはマジできついぞ~」「最初の坂は自転車を降りて歩いたほうがいい」と言われました。

なので自転車を降りずに走破します。

やめたほうがいいと言われると、やらなくてはいけません。

そういうもんです。

月曜日に会社に行ってから登ってみようかと思います。

この前の野立公園よりも更に上から同じような景色が見れるとのことなので楽しみです。

 

Sept. 12

菅さんが総理大臣に決まりました。

メディアはずっと反安倍でしたが、安倍さんは長期政権として頑張っていただいたと思います。

政策に賛同していたわけではないのですが、誠実に対応していただいたと思っています。

まずはゆっくり静養していただければと。

 

石破さんはよくわからない人ですね。

経済に関する質疑の答弁を聞くと、経済音痴のようです。

野党と同じで低所得者の待遇を改善するとか、どういうことなんでしょうね。

低所得者の方がなぜ、低所得なのかを考えないといけないです。

国が救済するするということはイコール増税となりますし、企業に改善命令すればそれは物価が上がることを意味するので、いつまでたってもイタチゴッコじゃないですか。

わたくしの考えは「ある程度は市場に任せる」でございます。

その人の仕事の付加価値は結局はお客様(市場)が決めることですから。

市場が求めていないことを一生懸命やってもお金に変換することは難しい。

わたくしが歌っても誰もお金を払ってくれません。

逆に「金出せ!!」って怒られちゃいます。

市場原理ってそういうことですので、以前は公的な仕事をしていた立場からすると、「価値を生み出すのって、ホント大変」。

 

コロナ騒動からなかなか脱却できない今日この頃。

生活必需品でないものを作っている我が社は厳しい状況ですが、何とか乗り越えていきたいと思っています。

 

Sept. 13


塩嶺野立公園から諏訪湖を望む

 

会社から塩尻峠(塩嶺峠)を自転車で登りました。

標高約780mから1026mと200mちょっとの登りですが、25分程度で走破できます。

有賀峠と比べるとかなり楽です。

次はどこの峠にしようか思案中。

Aug. 28

軽いノリでの会話です。

「残された人生」「あと〇〇年くらい」などと発言することが多くて、「健康なんだから大丈夫…」とか反論されるわけですけど。

「太く、短く」(男的には太く長いほうが・・・)を信条としており、さっさとやることやってあの世へ。

 

心臓の拍動数と寿命は相関が取れると信じているので、自分は早めにお迎えが来ると思っています。

普段からそんなことを考えたり発言したりしているので、娘からも「父ちゃんは私が大人になったらもういないからな・・・」などとマジ顔で言われるので、半笑いで「で・す・よ・ね~!」しか返せません。

ということは、何気に時間無いじゃんって話なんですよ。

できることなら世界を見て回りたいので、「世界ふしぎ発見」「世界の車窓から」「世界ふれあい街歩き」などの番組に携われたらいいんですけど。

といいますか、わたくしめにやらせてください!!

環境適応力は人並み外れてあるので、結構使えると思うんですよね。

危険OK。汚いのOK。きついのOK。

カメラ片手に地球の果てまで行きます。

どなたか伝手はないでしょうかね。

 

そんなことを考えつつ、今日は久しぶりに昼休みに走りました。

スゴイ汗っす。

北島康介ばりに「超キモチいい~」

みんな「暑い暑い」って言うんですけど、そりゃ夏なのでね。

でも、東京に比べたらね、ホント過ごしやすいですよ。

我が家は夜はかなり涼しくなってきました。寒いとは言っても20度を切ってる程度ですけど。

日中との温度差が10度もあれば全然違いますね。

日も短くなって秋の気配を感じる今日この頃です。

 

 

 

 

Aug. 26

帰宅したところ、めったにない留守電。

高校時代の親友からの電話でありました。

前回のブログの通り、こんな自分であるために友達とは疎遠になりがち。

歳も歳なので何かあったのだろうと察して電話してみました。

高校時代の懐かしい思い出が頭を駆け巡ります。

仕事を辞めて求職中とのこと。

人生いろいろです。

自分も人生の節目節目で方向転換をしてきたので、「んー・・・」と考えさせられます。

残された人生をどう過ごすか。

どうせなら、やりたいことを思い切りやって終わりたい。

励ましながらも「お前はどうなんだ?」と自身に問いかけながら考え込むのでありました。

 

「お前はどうなんだ?」