カテゴリー別アーカイブ: 社長の独り言

Aug. 16

お墓参りに行ってまいりました。

早いものでもう8年。

お墓参りというのは、いろんな意味で気持ちをリセットできるのでとてもいい機会です。

内省することで未来に向かって自分自身を問いただすことができます。

渋滞とはいつも逆方向というのもいいんですよ。

対向車線の渋滞を尻目にスイスイは走って、考え事していてもイライラすることもないんです。

東京にはもう住めないな。

 

Aug. 9

プラスチックごみが世界的に大きな問題となっています。

特にレジ袋やストローなどが海洋生物の生存に大きく影響しているようです。

先進国ではファーストフード店のストローを紙製にするなどの措置をとり始めました。

ところがマクドナルドやスターバックスが先駆けとして取り組んでいるようですが、そんなにうまくは進んでいないようです。

マクドナルドの紙製ストローはリサイクルできず廃棄されていた

 

先日、ラジオを聴いておりましたらアルミやステンレスのストローについて特集されていました。

熱伝導性が高いので冷たい飲み物が冷たく感じられておいしいというのです。

早速、アルミのストローを買いました。

セブンイレブンのアイスコーヒーをこのストローで飲んでみました。

「確かに冷たい・・・」

唇に伝わる冷感がプラスチックとは明らかに違う。

おいしく飲めてごみの削減にもなるなら、マイストローもありかなと思います。

車に常備することにしました。

 

アイスコーヒーを飲むのにストローを使うのがそもそも好きではなくてカップからそのまま飲むのが常でした。

ただ、飲んでいて・・・・、氷がガサッっと・・・、ワイシャツがびしょびしょに。

学習してストローを使えばいいのに・・・・。

こんなことが日常茶飯事でございまして。

そう、これからはマイストローです。

 

マエストロはマイストローを使っているに違いない。

Aug. 9

昼は35度とかなり暑いですが、少しづつ秋の足音が聞こえてきています。

日の出も5時くらいになりましたし、朝夕は我が家では20度くらいで吹く風が真夏の匂いとは違ってきています。

夏が終わると思うと寂しい気持ちになります。

 

Aug. 7

閃きから生まれた妙案
これぞ運命の出会い、「あなたが足で、私が目」のドリームチーム

なんだか、久しぶりにいい記事に出会いました。

この世に生を受けたことへの感謝。

一緒に仕事ができる仲間がいることへの感謝。

仕事を提供してくださるお客様への感謝。

 

普段、何気なく生活していると大したことでもないのに不満を抱いたりするもの。

足りないものがあれば、お互いに補完しあえばいい。

こう見えても「自分には足りないものだらけだ」という自覚があるので、障害を持った方々への関心が強くなるし、最終的には自分が助けられているとう実感が湧いてきます。

Jul. 28

against the wind – Bob Seger

なぜなのだろう。

思いがけずかかっていたこの曲を聴いていたら、涙が頬をつたった。

歌詞なのか、子供の頃の思い出なのか、うまくいかなかったときに励ましてくれた曲なのか。

昔の記憶がどんどんなくなっても、こころのどこかに残っているものがあるのだろう。

Jul. 21

ブルーベリーを収穫しておりましたところ、セミの幼虫が枝を歩いておりました。

これは夜になったら羽化するなと思い、暗くなってから見に行くと服を脱ぎ終わっておりました。

何年も土の中にいて、成虫となったら2週間足らずの命。

短い夏に次の命をつないでいくんですね。

Jul. 15

出張などで長時間ドライブしていると、ときどき面白いラジオ番組やニュースに出くわします。

最近、ちょっと面白かったのは参議院選挙の政見放送です。

政治や宗教といった内容はブログで書かないほうが得策ですが、書かずにはいられないのです。

NHKから国民を守る党。

党首の立花氏はその筋では有名な方であります。

当方もテレビがないのに徴収される立場であり、相談に乗ってもらいたいくらいです。

国会議員には国の将来を論じてもらいたいのですが、お金を引っ張ってくることと、選挙に当選することか頭にない人たちの集団で辟易しております。

この一点集中型の党。

こういう議員がいてもいいかなと思わせる新鮮さがあります。

なんといっても面白いのは、「NHKをぶっ壊す!」とNHKの政見放送で連呼できること。

こんな国ありますかね。

平和すぎます。

そして、公約が実現したらその時点で解党するという潔さ。

こういうのがあるから民主主義って面白い。

テレビもない、ワンセグもない、そんな国民をNHKから守って欲しい。

立花さんに相談して自動引き落としを停めてもらわねば。

Jul. 11

人材発掘のため高校の授業を見学しました。

ものを作る機会の多い工業課がいいなと思っているのですが、最近の高校生は大人しい。

元気のいい子が少ない気がします。

ちょっと心配になります。

勉強ができる子は進学すればいいですけど、得意でない子は別のことで勝負すればいいわけで。

机上の勉強ができたところで、それが仕事に直結するわけではないですからね。

卑屈になる人をよく見かけるのですけど、気にする必要はありません。

 

興味がわくのはオタッキーな感じの子です。

せまーい、せまーいところをふかーく、ふかーく掘っていける「あいつ、アホやで」言われながらも、ある意味尊敬される存在が特にいい。

社員の10%近くを構成してもらえたら申し分ない。

そういう類の人は育成しようと思っても無理なので、来てもらうしかない。

来てもらうためには探さなくてはいけない。

探しているうちに「こんなやつおるで・・・」とお声がかかる可能性もある。

言葉に出したり、行動することで目標が近づく。

そういうものだと思うので、続けていこう。

Jul. 4

夫婦別姓の選択制について党首討論でも議論になったとのこと。

安倍首相は「経済成長とは関係ない」というような発言があったそうです。

本当にそうなんだろうか。

関係ないのだろうか。

このような議論を展開する際に多くの識者や政治家の方が「先進諸国では・・・」と比較したり、「データの処理に膨大なコストがかかる」などと発言されます。

一応、日本は先進国ですので、他の欧米諸国と比較するのはいいのですが。

別に比較しなくてもよくないですか?

経済的にはトップ集団を走っており、自らが世界のために発信していくことが求められていると思うんです。

戦後の欧米諸国のやってきたことを踏襲していく時代はすでに過去。

答えを探すなんていう次元でもない。

答えは時と場合によって変化する時代となり、変化に応じて自らの「こうではないか」という仮説をもとに模索しながら実行することが必要となりました。

 

夫婦別姓にするためのデータ処理は確かに大変そうです。

でもやったほうがいい。

戸籍制度は未だに紙ベースでの資料。

このようなものはなくなっても国民は不自由はしません。必要なデータとも思えません。

少なくともわたくしには必要がない。

困るのはそれを管理しているお役所のみです。

データを一元管理して、AIを導入すればどれだけの国家予算が削れると思います?

公的な仕事が大幅に削減できるので、人手不足も解消できそう。(溢れた人は企業でやっていけるかな~?)

 

夫婦同姓と別姓をそれぞれ強制するわけではなく、「どちらかを選んでください」と選択できるようにするだけなのに、何がいけないのでしょう。

論理が破綻してますよね。

 

今後、少子化対策にもつながっていく問題かと思っています。

結婚の在り方にもさまざまな価値観が出てきていますし、婚外子の経済的支援を国が認めることも必要でしょう。

こういう問題を先んじて取り組まないと。

これって経済と関係ないどころか経済発展の本丸かもしれない。

大きな議論に発展してほしいですね。