ありがたい

埼玉方面に出張。
久しぶりの真夏日を経験。

前向きな人と話をすると心のベクトルがプラスに変化していく。
普段、マイナス方向の人たちと多く接触しているということか。
自分の資質がマイナス思考なのか。

前向きな人はなんでプラス思考なのか考える。
もともとそういう資質の人はいるだろう。
でも、多くの場合はどん底を経験して這い上がった人なのではないだろうか。
”このままでいては何も好転しない”と気づいてマイナス要素を捨て去る。
”そんなこと悩んでたって解決するわけじゃない”とあきらめる。
気持ちの切り替えのタイミングが早い人なのだと思う。

自分自身はプラスのエネルギーを持っている人間だろうか。
上に立つ者として人の長所に目を向けているだろうか。
自分の心に問いかけながら、自分の在りたい姿を考える。
それは人から評価されるという視点ではいけないように思う。
”いい上司でいたい”という感情が入ると、仕事に妥協が生まれるからだ。
”目標を達成する”
そのために今やるべきことをやる。
そんなサイクルが組織の中で生まれたらいい。
そのための環境作りがミッションだ。

いろんな人に会ってエネルギーをもらえる。
人との関わりは得意ではないと勝手に自認しているが、様々な人の考えを聞くと視野が開ける。
自分の小ささを感じるとともに、仕事を通じていろんなことを学べてありがたいと思う。