どこへ行く?

レンズを製造する会社として映像に関わっている。
日々進化し続けるその技術。
映画やテレビではCGが発達して「これって本物?」と思えるほどの映像を目にする。
有名な建造物の破壊されるシーンだったり、俳優が実写では不可能と思われる場所にいたり・・。

こんなにバーチャルな世界が広がると、何が真実なのかわからなくなる。
それが本当の映像なのか、作られたものなのか。
もう区別ができない。

「俺の人生はフィクションだった。」なんてことも。

ゲームやアニメーションもリアルになってきて驚く。
人の動き(特に関節の動き)がとても滑らか。
訓練としてシミュレーターで行われていたことが、今度は実際の映像で行われることになる。
ロボットの技術も同じように発達していくことを考えると、変なことになりそう。
遠隔操作で全て完結?
戦闘ゲームの達人は軍人としてたくさん入隊するのではないか。
軍人といえば筋骨隆々の人だったのに、オタク系の人たちがメインになっていたりして。

バーチャルな世界が広がりすぎると、人と人との関係が希薄になるように思う。
人間はいったいどこへ向かっているのか。
自分はいったいどこへ行くのか。