やっと、買う気になりました。

カメラの購入を決断。
悩んだ末にリコーGXRに。
デジタルになってから、いつ一眼レフを買おうかと思っていたが、どうもつまらないカメラばかり。
性能や機能性は格段に向上しているのは分かる。
デザインだって恰好いい。
でも、・・・・つまらない。
デジタルになって撮影する人の気持ちや思いが写真に現れにくくなった。
ただ単に、構図だけの問題になりつつある。
何十枚、何百枚と連写して一番きれいなものを選べる。
そりゃー、中には綺麗なものもあるよね。
PCのソフトでいくらでも画像処理できてしまう。
いったい何が現実なのか、わからなくなってしまうではないか。

フィルム時代が懐かしい。
現像するまでどんな写真かわからない。
待ち遠しい。
撮るときだって、フィルムを大事にしたいから「この一瞬にかける」意気込みがあった。
アルバムも大切にした。
今はどうだ?

GXRだとライカMマウントがあるからアダプターを付けてフィルム時代に使っていた各メーカーのレンズを使える。
オートフォーカスなんて必要ないし。
デジタルになって便利にはなったけど、アナログ的な生き方は残しておきたいものだ。

社員にPCスキルを身につけてほしいと訴えている。
できて当たり前の時代にこんなこと言うのもおかしな話だけど。
目的さえ押さえていれば、アナログもデジタルも使いこなせて欲しい。
時と場合に応じて使い分けできる選択肢が多いほどいい。
あくまでも手段なのだから。

久しぶりに写真を撮る気になってきた。