やっと認知されつつあります

朝から山梨県桂高校との合同練習。
岡工は先週までは県外に遠征していたので、久しぶりにみんなと練習。
少しずつではあるが皆さんに認知されつつあり、コーチの皆さんからも「毎週来て下さい」と言われるようになった。
嬉しいことである。

教えるというのは難しい。
あなたの周りにもいませんか?
教え魔が。
あーでもない、こーでもないと。
結局何を教わったのか分からなくなったことがありませんか?

カギとなるのは「なるほど・・」なのです。
本人が教えてほしいと思っている。
できるようになりたい、なぜできないんだ?と自分なりに考えている。
そのタイミングを見計らって、ちょっとしたヒントを与える。
それだけでいいのです。
答えを示すのは教えることではないのです。
本人の気づき、学ぶプロセスが次へのステップへつながる。

高校生は純粋でいい。
ひたすら上を目指している。
目が輝いている。
いい子すぎるところが玉に瑕。

ただ漫然と言われたことだけしかやらない人に出会うと踏みつけたくなる。
その場さえしのげればいいと思って手を打たない人に出会うとタックルしたくなる。
あ、いかん。
非日常を楽しむのはラグビーだけにしとかんと。