ろうきしょ

週刊ダイヤモンドで今回取り上げられている労基署。
去年だったか、ドラマにも取り上げられたとか。
「気をつけないとね・・・。」
なんて助言してくれる方もいた。

実はよく知らなかった。
労働法の警察だという。
ブラック企業を取り締まるのだそうだ。
以前、退職を考えているという社員に「労基署に・・・・」と言われたことがあった。
脅しのつもりだったのだろう。

よくわからないことは直接聞くのがいい。
「こんなこと言っている人がいるんですけど・・・。」
と逆にこちらが先に相談に行った。

「ふん、この程度のことで・・・・。」(対応してくださる方の態度)

いろいろ教えてくれます。
とてもいい人たちです。
企業が相談に行った方がいい。
非常に勉強になります。

「おう、労働者諸君!・・・」
寅さんが言っていた時代とはもう違うのです。
労働者でいてはいかん。
まずはそこから脱却せんと。

我々の作った製品を必要としている人たちがいる。
喜んでくれる人たちがいる。
それには我々が作る理由が存在する。
それは我々でなければならない意義がある。

「働いたからお金ちょうだい?」
そんなのつまらんでしょう。
「ブラック?」
前から言っているけど、ブラックは刺激が強すぎます。
風貌に似合わず敏感なんだから。
ミルクを入れてください。
できれば、半分はミルクのカフェオレがいいんです。
わけがわからん。

作ることの楽しさ。
よりよくしていこうという向上心。
必要とされているから頑張るという使命感。
お金以上の何かが心を満たしてくれると思うんだけどね。

労基署のみなさん。
ご自身のの仕事がなくなるような世の中にしていきましょうね。