アドラー心理学

最近、アドラー心理学が注目を集めている。
関連する書籍も多く出版されているようだ。

フロイトが原因追究、つまり過去に焦点を当てる傾向があるのに対し、アドラーは過去よりも目的論が強く、「これからどうしましょう」という未来志向である。

過去は変えられない。
日本の失われた20年。
そんな状況から脱していきたいという人間の心理からすると、アドラーの唱えた考え方は示唆を与えてくれそうだ。

生活のため、お金のために働いている諸君。
そんなつまらん生き方でいいのかい?
現実をしっかり受け止めて、そっからどうするか考える。
前向きな思考で行きましょう。

本屋に行ってアドラー心理学関連の本でも立ち読みするだ。
人から啓発されないで、自己啓発してみてはどうだろう。