スマイル

久しぶりのまとまった雪。
気温が高いこともあって重たい。
今日もまた鍛えてしまった。
筋肉、喜んでくれ。

高校ラグビーで東海大仰星が桐蔭学園を下して優勝した。
高校生なのにレベルが高い。
フィールドの15人対15人だけでなく、試合に出られない部員や関係者の思いと意志統一されたそれぞれのチームの雰囲気。
印象的だったのは負けた桐蔭学園の選手たちがノーサイドの瞬間に笑顔だったことだ。
最後の試合で泣き崩れることなくスマイル。
なんて恰好いい奴らだ。
「ここまで来た」「やれることは出しきった」「次はもっと上のレベルへ・・」
いろいろな思いが交錯していたに違いない。

失敗することなんて夢にも思わない。
ただただ上を見て、ひたむきにボールを追う。
チームが有機的に機能するために、自己犠牲もいとわない。

こんな時期が誰にでもあった。
守りに入っていないか?
自分に問いかける。