バラの花

庭のバラが咲き始めた。
2年前に売れ残っていた木。
最近になってやっとバラも好きになった。
以前は綺麗過ぎて近づきがたいものがあった。
女性と同じで「美しいものには棘がある」と勝手に避けていたのです。
綺麗なものは綺麗だときちんと認める。
それでいいのだ。
好きとか嫌いとかどうだっていい。
バラはぼくのために咲いているわけじゃない。
気持ちの持ち方次第でどうにでもなる。
「この花はこの日の自分のために咲いてくれている」
そう勝手に思えばいい。

rose