プロフェッショナル

NHK プロフェッショナル
今回はパリでトップテーラーとして奮闘する鈴木健次郎さん。
気難しいパリジャン相手に仕事への情熱とこだわりで37歳にして店舗を構える。
妥協を許さない姿勢。
いくと決めたらためらわずにいく。
お客さんの無理難題も試行錯誤して提案していく。

恰好いい。

「服なんてどうでもいい」という人がいる。
自分自身もあまり興味がなかった。
でも、着る服というのはその人の姿勢や人格をあらわすものだ。
製造業だからといって無機質な作業着なんてつまらない。
工場だからこそ、オシャレをしてみたほうがいい。
何が似合って何が流行しているのか。
自分自身を探求することにつながっている。
それは世相やお客さんの動向を読むことにもなる。

感性を常に磨いていないと、これからはものづくりなんてできないと思う。