人ごとではない

JR北海道の度重なる不祥事で多くの社員の処分が決まったという。
今回のこの問題は人ごとではないと思っている。
どこの会社でも個人でも日常茶飯事で起こりうることではないだろうか。
「バレなければいい」
「みんなもやっているからいいだろう」
「この程度なら許されるだろう」
こんな誘惑は誰の心の中にもあるはずだ。
判断基準は組織や個人でさまざまである。
会社であれば経営理念や方針が判断基準になる。
それを実行できるようにするための啓蒙活動はとても難しい。
目的をいかに共有できるか。

みんなどこを向いているの?
上司?
社長?
自分自身?
自分の心に問いかけてみて。

お客さんの喜ぶ顔をイメージしよう。
お客さんあっての我々の仕事。

JR北海道は国営から民営化したときの改革がうまくいっていないのだろう。
どこかの組織と同じような状況。
JR九州を見ていると「がんばっているな」と思う。