今日は頑張った気がする

屋根から落ちる雪の音で目が覚める。
そうか、雪なのか。
それも相当の。
外を見ると20センチほど積もっていた。
北の国から2014である。

桜の木の枝にきれいに雪が乗っている。
「今日は頑張って人のために尽くしなさい。」と言われた気がした。

会社に行くと、ちらほらと社員が来てくれて雪かきをしてくれた。
出てきてくれる人がいる。
嬉しい。
本当にありがとう。

今日は人類の未来のために頑張った。
8時間休まずにやった。
仕上げは日蔭の氷。
全部取ったどーっ。
ご近所様からコーヒーもいただいてしまった。

かいていると、いろんな人が車で通り過ぎてゆく。
泥はねを平気でしていく人。
減速してよけてくれる人。
「邪魔んだよ」という顔で通り過ぎる人。
会釈してくれる人。

傾向はあるのだろうかといろいろと考える。
煙草を吸いながら運転している人は男性も女性も「邪魔なんだよ」という顔をする。
煙草はイライラを解消したり、ストレスの発散を期待されているのだろうけど、逆に、なければ解消できない中毒性は否定できない。
減速してくれる人は男性が運転している場合は女性を乗せている。
こういう男性は独りの時に同じように運転するだろうか。
長野県の女性は運転が荒い人が多い気がする。というか、譲らない傾向が強い。
仕事や家庭で抑圧されているからか。
働き者そうなおばちゃんは必ず会釈してくれるし、声もかけてくれる。
どうでもいいことなのだが、人の心理と結び付けて観察していると面白いものだ。