何かしらの意図を感じる

沖縄県知事選の結果が出た。
普天間飛行場の移転問題で揉めているが、反対派が勝利。
辺野古への移転計画に影響が出るのではないかとのこと。

揉めている問題は揉めたままを維持する。
宙ぶらりんにする。
ある意味、戦略的のそうしていると感じることがある。
解決しようとしない。
問題として取り上げられることで危機感をあおったり、存在感を出そうとしたり。
本当に辛い思いをして解決に尽力しようとしている人はいると思う。
そのような方々には敬意を表したいし、何とかできないかと思いを巡らす。
ただ、意図的に問題を解決しないままにしている人たちも多いのではないか。
揉めている間は補助金が出たり、手厚いサポートを受けられたり。

さっさとやることやって新しいことを始めることの方が未来に向けてはいいのだけれど・・・。