個人の問題

工業メッセの最終日に今年退職した社員がブースに顔を出してくれた。
自社の社員がほとんど来ないにも関わらず、こうして挨拶に来てくれた。
嬉しい。
現在の仕事で頑張っているようだ。
できる人はどこに行ってもできるのだ。
現在の職場はみんな探究心がすごくて、”どうやったらできるのだろう・・・”と雰囲気が違うらしい。
「そういう環境をつくった社長が偉いね。」なんて言ったら
「それは個人の問題ですよ。現場を仕切る人も違うんですよね・・。」
若いのにしっかりしてるなー。

例え社長が現場には顔を出さない人でも、そんな雰囲気づくりには多大な影響を及ぼしていると思う。

社員個人が会社のことを自分のこととして捉えられるか。
そこが大きな問題だ。
そう仕向けられるかが、自分の仕事の一つでもある。