危機感持たなきゃ まずいよ

ロイター(3月14日付)に次のようなコラムが掲載されている。

Japan as the crisis next time  Anatole Kaletsky
次の金融危機、震源地は日本かアナトール カレツキー氏

こんなことは誰しも望まないが、後になって「引き金を引いてしまったのは安倍首相だった」なんてことになりかねない。

海外からこのような見方をされているということが大きく取り上げられてしまった。
海外投資家たちが一気に国債を売ってしまったら・・・。
危険だ。

回避するための手立てはあるか。
自分の身を、愛するものを守れるか。
我々は立ち直れるか。