国、国家

ノーベル物理学賞の中村氏が日本人かアメリカ人かで論議になっているそうだ。

別にどっちだっていいじゃない。

自分の好きな国が自分の国だ。
当然、国籍は付きまとうものだし、それによって払う税金もパスポートも異なる。
世の中のシステムからしたら大きな問題かもしれない。
自分は大きい問題だとは思わない。

「俺が愛したほど、国は俺たちを愛してはくれなかった・・。」なんて台詞の映画もあった。

国には税金を払う。
国民はその見返りを求める。
国と国民とは取引関係になる。
でも、あまり期待しちゃいけない。
国は積極的に税金を徴収するが、過払いしたって積極的に戻してはくれない。
面倒くさい申請や手続きを必要とする。
国に頼りすぎてはいけない。

国家とは何なのか。
混沌としたこの時代には改めて考え直す必要がある。

好きな場所で好きなように暮らせばいい。
国は何にもしてくれないさ。
いや、してくれなくて結構でございます。

また”世捨て人”的な発言をしてしまった。