変化と切り替え

気持ちの切り替えは難しい。

嫌なことがあると、ずっと引きずる。
何かいいことが起きないと解消されない。
かつてはそんな人間だった。
小さなことにクヨクヨするタイプ。
女々しい男。
がたいがいいのに情けない話だ。
人間としての資質は変わっていないかもしれない。
でも、いまは以前に比べると気持ちをコントロールできるようになった。
自分自身を客観視できるようになったということ。

何かを変えようとしたって、無茶なこと。
それが人であればなおさらのこと。
「わかってほしい」と思ったところでわかってはもらえない。
「変わってほしい」と仕向けても、逆効果になることが多い。

子供は思い描いたように大きくなったか。
奥さんや旦那さんは言うことを聞いてくれるだろうか。
いちばん身近にいる家族でさえ思い通りにならない。

どうしたいいか。
考えた。
自分が変わるしか方法がないじゃないか。
言動を変える。
態度を変える。
髪形を変える。
服装を変える。
行動パターンを変える。
・・・・。

自分に変化を与えると、見えてくるものがある。
以前は気づかなかったことに気づくようになったりする。
「あーっ、自分の本音ってこんなところにあったのか」
なんてこともある。

悩むことは大切。
落ちるところまで落ちたっていい。
あとは上るだけだし。

まあ、いちいちどん底を味わう必要もないので、気持ちの切り替えを早くするほうが得策だ。
悩んでたって事態は好転するわけじゃなし。
待っていたって仕方ない。

スポーツをしていて切り替えの早い人はひと味違う。
肝心な時に動ける。この肝心な時の一歩目が早い。
冷静に情勢を観ているからだ。
こういうのもセンスなのかなー。
ラグビーのように攻守が頻繁に入れ替わるようなスポーツを経験していてよかった。
日本人の多くは野球型のスポーツに代表されるような、攻守がきちっと分かれて指定されている状況に強い。
今の時代には当然マッチしない。
だって世の中がどんどん動いているし、変化のスピードが速い。
ついていけるはずがない。

のんびり構えている時間は無いぞ。