大企業にも転職助成金

朝の新聞の一面に転職助成金の文字。
また国はわけのわからないことを言い出した。
官僚の思うような政策ばかりが目につく。
成長産業に雇用をシフトさせるという狙い。
それ自体はいいことだ。
この先、見込みのないところにいたところで成長できないのだから。
だからと言って国がお金を出すのはいかがなものか。
国のやるべきことは、将来の日本という国の向かう方向を明確にすることであって、細かなことに口を出すことではないと思う。
まずは蔓延っている規制を撤廃する。
お金をばら撒かない。助けない。
自己責任の上で自由に活動させる。
こうするだけで、かなりの公務員を減らせる。
いろんな規制を作るから権益が生まれる。
その規制や権益を守るための組織が生まれる。
本来必要のないところに社会的コストがかかってしまうのだ。
それを払うだけの力が日本には残っていない。
労働人口が減っている。
結局、借金をしないとまわっていかない。
その借金は子や孫たちが払うのだ。

アベノミクスなどといって株価が上がったり、円安になったりしている。
人間というのは心理的なもので左右されてしまうものだ。
何ひとつ問題を解決できていないのに、また、問題を解決するための手を打っていないのに、みんな一喜一憂している。
最後の晩餐にならないように願うばかりだが、自分の身を守る準備が必要だ。