好きだからやってんの

「何のために努力するのか」
どのように答えるだろう。

「君は努力する才能がある」と言われたことがある。
一度や二度ではない。
嫌な言い方をする人は「そんなことして何の得があるの?・・・」なんて。
傍から見ると面倒くさいこと、痛いこと、辛いことを率先してやっているように見えるようだ。
なぜできるのだろう。
あまり考えたことがなかった。
ただのM。
そういう言い方をされる方もいらっしゃいます。

為末さんの本を読んで、ふーんと思った。
努力を取り引きでやる人と、好きでやっている人がいると。
取引とは見返り(報酬)を求めるということ。
「努力したら報われる」
これは教育現場ではよく使われるし、当たり前のように普段の生活の中でもよく聞く言葉だ。
うまくいっている時はとてもモチベーションの上がる魔法の言葉である。
しかし、現実は厳しい。
努力してもうまくいかないことがある。
いや、うまくいかないことの方が多い。
「努力したのに報われない」と変化。
何かに責任を求めたくなる。
あいつが悪い。
世の中が悪い。

だが、「好きでやっている」という思考の人はちょっと違う。
うまくいかなくても「好きでやっているんだから」と納得感があるのだ。
サラッとしている。

誰かを好きになる。
親切にしたくなる。
その親切が見返りを求めるものなのか、ただ好きだからやるのか。
見返りを求めるのが取り引き。
取り引きをする人は何かしらの見返りを期待する。
何かしらの見返り。
それは自分に好意を抱いてくれることだったり、逆に親切にしてくれることだったり。
期待した見返りがなければ、最悪の場合は恨みへと変化したりする。

何事にも取り引きの関係を持ち込むのは重苦しい。
取り引き思考をなくせない人もいるだろうし、全く期待しないというのもあり得ない。
ただ、過度な期待は考えものだ。
期待のかけ方というのはよく考えないといけない。

「なぜ、それをするの?」
「何のために努力するの?」
振り返ってみると面白い。
「好きだからやってんの」と言える場面が多いほど気持ちが楽だ。