庄内町町長がんばって!

山形県庄内町で町長と議会が対立し話題になっている。
人口減に伴って財政の厳しい地方の町。
報酬増を求める町議会議員に対して、町長は「ボランティア議員による夜間・休日議会」を提案。

日本には地方自治など存在するのだろうか。
中央で決めたことを地方は出先機関として実行しているにすぎない。
だから、地方議会など本当は意味がない。
県議会議員や市議会議員には一体どんな役目があるのですか?
フルタイムで議員をする意味はあるのだろうか。
パートタイムで十分ではないか。
無報酬でも可能なのではないか。

原田庄内町町長はまともな人だと思う。
岡谷市でもこんな議論が湧き起こらないだろうか。
こんなことが議論されるようになれば、地方創生も進むに違いない。