思いっきりやってくれ

田中将大投手がニューヨーク・ヤンキースに移籍する。
ラジオを聞いていたら、視聴者の声は否定的な内容が多いことに驚く。
NHKが意図的にマイナス方向に誘導しているのかもしれないが。

特別な才能を持って生まれ、世の中に評価される。
こんな素晴らしいことは無い。
本人にしてみれば、より高いレベルの集団で戦いたいと考えるのは当然だ。
選手生命は短い。
選手を終えてからの人生の方が長い。
旬な時期を逃すときっと後悔する。
だから、今を大事にしてほしい。
やろうと持った時に思いっきりやってほしい。

内向き志向が多いのは残念だ。
「日本で頑張ってほしいのに」とか「レベルの高い選手がいなくなる」とか。
「高い給料だから、あっちいくのか」といった下世話な話も目立つ。
外界に活路を見出さなくても生きてこれたと勘違いしている人は島国根性が強い。
今の生活レベルを下げたくないと思ったら、衰退していく国をきちんと見つめる必要がある。
世界でそれなりのプレゼンスを維持するためには外に目を向けないと。
今を維持し、内向きでいることなんて無理なんです。

プロ野球株式会社に入った。
アメリカ本社は事業部がたくさんあり、世界の精鋭が集まる憧れの場所。
日本支店で優秀な成績を上げて、最高峰といわれるニューヨーク支店からお呼びがかかった。
本人も行きたいと言っている。
気持ちよく送り出してあげるのが筋だろう。

日本人が活躍する姿を見る機会が増えたにせよ、未だに多くのアメリカ人からは下に見られている。
「あいつらもやるじゃない」「あいつらの方がすごいかも」
野球の世界でも日本人としての存在感を示してほしいな。