成長ってなんだろう

社内も社外も沈滞ムード。
無理もない。
かつてのようにモノが売れるわけではない。
同じ人数でこなしていた仕事量が減っていく。
自ら仕事を探す習慣のない人にとってはラッキーかもしれない。
仕事量が減ったのに同じ給料がもらえるのだから。

そもそも会社にとって成長とは何なのか。

売上が伸びることなのか。
利益率が上がることなのか。
社員が増えることなのか。
会社の名前が売れることなのか。

個人にとっての成長とは何なのか。

給料が上がることなのか。
役職につくことなのか。

これらは単なる結果でしょう。

「できなかったことができるようになる」
これが自分にとっての成長。
お客様や世の中が求めているものでなければ意味がない。
自己満足だけで終わらせることはできない。
仕事の場合は、誰かが喜んでくれたとか、誰かの役に立ったとか。

”目標にしていいた売上をクリアした”。
そのプロセスはどうだったの?
意図的な努力の成果?
組織的な営業展開が実を結んだから?
過去の遺産?
先人たちのおかげ?
運?
不可抗力?
たなぼた?

きちんと客観的に分析できているだろうか。
その過程において、関わった個人や組織の”成長”とは結びついているだろうか。

トレーニングすると筋肉がつく。
負荷をかければ、どんな人でも必ず筋力がつく。
筋力がつくと持てなかった重たいものが持てるようになる。
昨日とは違う自分がいる。
こんな小さな成長を実感できるから、トレーニングというのは続けられる。

日常の中でも小さな”成長”を実感できるものがあるといい。
また、そういうものをもっていないと、人生自体がつまらなくない?