気持ちの準備だけでも

中国の設備投資がここにきて増え始めているそうだ。
そろそろバブルがはじける予兆なのか。
アメリカの債務上限の引き上げ問題も取りざたされている。

大きな仕事をしようとすれば、多くの場合借金しなくてはならない。
でも、鼻から返す気のない事業が多い。
特に公共的なもの。
国の推進するもの。
いつまでも、こんなことが続けられるはずがない。

お金のお遊び。
数字のお遊び。

お給料だって今はみんな振込だから、ありがたみが減っている。

世界経済はみんなつながっている。
導火線だ。
どこかがこけたらみんながこける。
気持ちの準備が必要だ。