痛いくらいがなんだ

朝夕の通勤時間帯に走っている人が増えてきた。
諏訪湖ハーフマラソンに向けてみんな準備しているのだろう。
せいぜい頑張ってください。
!!
ヒキ出血熱にかかってしまったのか?
人ごとではいかん。

自分も走る!

今年は満身創痍。
リクルート活動の一環で再スタートしたラグビーが要因。
どうやら半月板が損傷しているようだ。
21キロか・・・。
脚も体もあそこも元気がない。
「小太郎、お前くらいは元気を出せ!」
「うん」

ラグビーは他の多くのスポーツに比べてプレーが平然と進む。
怪我人が出たところで「だから何?」
プレーが切れるまで続行される。
そして、「そういう奴はフィールドから出せ」となる。
痛いなんて弱音を吐く奴は参加できないのだ。

残酷なようだが、そもそも世の中というのはそんなもんなの。
粛々と進んでいくのだ。