精神論ばかりじゃ

ニュースはワールドカップばかり。
日本はグループリーグ敗退となった。
残念ではあるが、順当な結果であった。
番狂わせはなかったということ。
「日本らしい力を出せなかった」と多くの人がコメントしていた。
勝負というのはそういうものだ。
相手の持ち味を封じ、自分たちの得意な展開に持ち込む。
なぜ、日本の持ち味が出せなかったのか。
日本人は精神論を持ち出すことが多い。
その全てを否定するわけではないが、技術的に劣っていた部分が大きいと思う。
劣っていたといってもその差はわずかだ。
そのわずかな差が勝負を分ける。
技術に勝るからプレーに余裕が生まれ、相手を封じ込めることができるのだ。
選手はみんな分かっているはず。

インタビューで謝る選手がいる。
いつものことだが違和感を覚える。
全力で戦った。
負けはしたがそれは上には上がいただけのこと。
次に向かって出直せばいい。