結果なんて

人に思いを伝えるのはとても難しい。
一対一でさえ伝わらないのに、人を介していればなおさらのこと。
だから、組織には理念(目的)があり、目標があるのだ。

目的を共有できていれば、手段はどんなものであってもいい。
「こんなやり方もあったか・・・」「なるほど・・・」というのがあると嬉しい。
自由があるから、切磋琢磨できるし、新しい発想が生まれる。

今までは目的なんて考えなくても生きていけた。
目の前に答えがあった。
欧米の進んでいる方向を向いていればよかった。
大企業にならっていればよかった。
上司の言っていることさえやっていればよかった。
仕事というのは上司の指示を正確にこなすことだと思っていた。

時代は変わった。
答えがない。
先が見えない。
自ら答えと思われることを作り(仮説を立て)、数式も立てなくてはならない(検証する)。
急に自由を与えられた人たちは、どうしていいかわからない。
強烈なリーダーに依存していないと不安になる。
誰かの後ろを歩いていれば、責任を取らなくていいし楽だったから。
その慣習から抜けられない。
抜けられない人は津波にさらわれるぞ。

幸か不幸か、たった一人でも大きな組織と渡り合える世の中になった。
大きな組織に属していないと成し得なかったことが、一人や小組織でも可能になった。
となると、個人の判断力、行動力がとても重要になる。
今までナンセンスといわれていたことが、世の中を変えることもありうる。

我々の会社は小組織。
小さな組織だからこそ、やりたいこともできるじゃないか。
チャンス自体が多いのだ。
その分、責任は降りかかるけど、後悔することになる。
やらなかったことに。
やるという選択をしなかったことに。

結果にばかり気を取られるな。
成功の確率の高い道だけを歩くことになる。
それは挑戦とは言えない。
ただ実行しているにすぎない。
一度でも成功すれば、それまでの全ての失敗は意味があったことになる。
面白いことに、挑戦した数の多い人ほど結果を出すことになる。
結果なんて自分では選べないのだから。
もっと、リラックスして考えよう。

失敗の悪いイメージから脱却しよう。
みんなで笑い、時にはみんなで泣いて、「あれはあれでよかった」と
言えたらいいね。
我々は自分の道を選んでいる。