自ら会いに行きましょう

お勧めの本を何冊か社内で紹介したが、読む人が少ない。
以前、業務の絡みもあって個人的に紹介したこともあったが、こんな返答があったことを思い出す。
「わたしの好きな著者ではないので…。」
絶句。
社交辞令もなし。
これでは取引先との交渉は難しいし、仲間を引っ張ることもできないよね。
いまは便利になった世の中で、アマゾンや価格.comで検索すれば製品のレビューや本の感想などが載っている。
それを調べるだけでも世の中の動きがわかるものだ。
少なくとも検索くらいはして欲しいものだ。
それにしても自分の好きな著者の本しか読まないなんてなんてもったいない。
実際に読んで面白くなければ、それはそれでいい。
「そんな考え方もあるのか。」とか「自分のテイストには合わないけど、世の中の多くの人が支持する理由はどこにあるのか。」とか思いめぐらすこと自体が視野を広げることにつながるのに。

人生には「なるほど・・・」が必要だと思う。
というか、「なるほど・・・」という体験を自分は欲している。
知らなかったことや思いもよらなかった考えに出会う。
思い悩んでいたことがちっぽけに感じたり。
そういう時間は自分で作り出そう。
本は自ら来てはくれない。
自分から会いに行こう。