自分らしさって

 

自分の思った通りに生きていくことは難しい。
生きていく上で、生活する社会や組織のルールの上で何とかしなくてはならない。
時によって自分を心を抑圧する。
我慢を強いられる。

自分らしさとは一体何なのかと考える。

生きているとさまざまな困難や問題に直面する。
仕事をしていれば、組織である以上はあらゆる問題には組織として対応する。
個人事業主であれば、全て自分で背負うわけだが、社員がいれば担当者に対応させることになる。
直面する困難からの逃避。
それは知らぬふりだったり、責任逃れであったり、退職であったり、・・・。
そんな場面に出くわすことがある。
残念に思う。

ラグビーでポジションはフランカーかナンバーエイトだった。
ディフェンス時にはタックルの回数が一番多いポジションである。
「自分がタックルを外されたらチームが負ける。絶対に抜かれない。」
そんな気持ちでプレーしていた。
チームもそのディフェンス力を自分に期待していたし、実際にやった。
だから、目の前の敵を倒しに行かない怠慢プレーややっているふりには納得がいかない。
そういう奴が許せない。
すみません。語弊がありました。
その人の人格が許せないのでありません。
その人のとった行動が許せないだけです・・・。
人格は否定すべきものではありませんので。
苦手意識のある選手だっている。
でも、それは誰にでも求められる基本的プレーだ。
だってそういうスポーツだから。
取り組む意識の問題が左右する要素が大きい。
やろうとする姿勢さえあれば、プロセスを修正していけば何とかなる。
やる気がなかったり、逃げるんだったら「そもそも、なんでここにいるの?」となる。

そんな考え方がベースにあるから、当然仕事の進め方にも反映される。
うまく立ち振る舞って生きていこうとする人たちからすると、面倒な男だ。
前例踏襲型で事なかれ主義的な人とは心が通じ合わない。
「なぜ、働くのか」「なんで日岐光学なのか」なんて深く考えたことがない人は厄介なことになる。

いつも思うこと。
問題に直面した時、その時は逃げることができても、いつか逃げられなくなる時が必ず来る。
そんな時は往々にして手遅れの場合が多い。
だから、いま経験してしまおう。
問題と正面から向き合ってみよう。
それは自分自身と向き合うことでもあるのだ。

自分らしさ。
それは人それぞれ。
自分らしさを発揮できる組織にいるのか。
それは困難に直面したり、何かに挑戦した時にわかってくるものだ。