英語教育

小学校3年生から英語の授業を取り入れる指針が文科省でまとまったとのこと。
お役人の方々は相変わらず頭が固い。
外国語を習得させようという本気度が伝わらない。
学習開始年齢を下げたところで身に付くというものではない。
社会構造自体を変えるところまで着手しないと。

そもそも「英語”を”学習する」という発想が貧困ではないか。
「英語”で”学習する」というところまで考えないとこれからの国際社会では通用しないと思う。
さまざまな科目を英語で授業を展開して構造改革をしていかないと。
外国人の教員もアシスタントではなく正式採用して硬直化した学校教育を変えてほしい。
ここまでプランとして掲げれば、諸外国から日本に留学したいとたくさんの人たちが来る。
自ずと外国語に触れる機会が増え、語学力だって向上するし、異文化を理解することにもつながる。
その留学生たちはやがて母国に帰り、日本のすばらしい文化を広めてくれる。
ビジネスだって今とは全く違う展開になりうる。

こんな国としての目標を掲げて欲しいものだ。