調査捕鯨

国際捕鯨委員会が開幕し、日本が批判にさらされている。

当然と言えば当然である。
「日本の食文化を・・・」
「あくまでも調査であり・・・」
「批判している国だって昔は捕っていたじゃないか・・・」
いろいろと反論を展開してきたが、無理がある。
アイスランドのようにIWCから脱退し、捕鯨を維持している国はある。
だが、自国の近海で捕獲している。
日本のようにわざわざ遠洋まで出て行っていない。
我が国の調査捕鯨の「調査」は形式的なものであり、捕えたクジラを市場に流し、その収益で成り立っている。
論理が破綻している。
日本はアイスランドと同じように「伝統的な食文化を守りたい。日本近海のクジラやイルカだけは捕らせてくれ。」と言う方が理解を得られるのではないか。

「クジラを捕まえないと魚が枯渇する」という人もいる。
日本食が世界に広まり、寿司がどこに行っても食べられるようになった。
クジラどうのこうのより、人間が魚を食べつくすじゃないか。

資源は有限である。
命も限りがある。
だから、考えなくてはならない。

豊かな生活を送りたいという欲。
いつまでも経済成長しなくてはならない。
人間の欲求を満たすものが善となり、それを妨げるものは悪となる。
人類はいつかしっぺ返しを食らう時が来る。