買い物するなら

またひとつ歳をくってしまった。
声をかけてくださる方がいるのはありがたいこと。

立川で生まれ、国分寺(国立)で育った。
国立というのは国分寺と立川の間にあるからその名がついた。
西武鉄道の前身の武蔵野電気鉄道の社長 堤康次郎が名付け親とされている。
その当時は中央線は立川までしか開通してなかったそうだ。
小学校のころに地域の歴史を調べる授業があって、みんなで勉強したのを覚えている。

立川駅は激変した。
昔は今の岡谷駅とさほど変わらない雰囲気の一階建ての駅舎だった。
小学校5年生の時に初めて駅ビルが建った。
今となっては「ここは新宿か?」と思うほどの発展ぶり。
中央線沿線で買い物をするなら、立川か八王子がお勧め。
新宿などの都心で買い物をすると、欲しいなと迷っているとすぐに売れてしまう。
「あー、無くなっちゃった」と落ち込むが・・・。
でも、立川に行くと必ずある!
あるんです!

東京の人は新宿や渋谷にはあまり行きません。
あそこで歩いているのは地方の田舎者がほとんど。
今度、東京方面に行く機会があったら、途中下車して買い物したら楽しいですよ。