逢いたい

朝4時。

枯れ枝を踏む音がする。

「泥棒か?」

そんなはずはない。

真っ暗な山の中に泥棒が来るはずがない。

「クマか?」

外をずっと見ていたが現れなかった。

逢いたい。

このもどかしい思い。

君には伝わらないのだろうか。

 

”挨拶”
簡単なようでできない。
いつだったか「どういうタイミングで挨拶していいかわからない・・・」という社員がいた。
タイミングなんてどうだっていいのだ。
人の心をつかむ声掛けのタイミングというのはあるだろうけど、そんなことは無理。
お客さんが会社を見たいと言う。
工場の様子を見学したいと言う。
こんなにありがたいことは無い。
「あなたに興味があります。お付き合いを前提でもっと知りたい。」
そういうメッセージを発してくれている。
であれば、「どうぞ、ご覧になってください。わたしもお付き合いできたらと思っています。」
となる。
社員の雰囲気、社内の整理整頓にみんな関心がある。

何といっても挨拶だ。

特に飲食店で印象がいいのは、元気のいい挨拶をしてくれる店だ。
お客さんが入ってくれば、気がついた店員が大きな声で「いらっしゃいませ!」と言う。
それに反応して、他の店員だって「いらっしゃいませ!」と言う。
サービス業に従事したことがない人は、こんな当たり前のことができない。
本人はできていると思っているが、できない。

お客さんが「また来店したい」と思うようなサービスを提供しないと、自分たちの売上、しいては生活に直結しているとわかっているからやるのだ。
別な視点からみれば、サービスする側が「お客さんに喜んでもらいたい」「お互いに気持ちよくその時間を過ごしたい」という欲求があるからそうするのだ。

我々はお客さんが遠い。
現場に対してダイレクトに要求が飛んでこない。
その歴史が長かった。

「どうせやるなら気持ちよく!」
まずはここからスタートだ。