離婚式

会社からの帰り道。
NHKのラジオを聞いていた。
最近、離婚するカップルが増え、「結婚式」ならぬ「離婚式」が増えているのだそうだ。
面白い。
結婚式のようにスピーチをしたり思い出を語ったり。
最後に結婚指輪を二人で叩き割るのだそうだ。
今や日本でさえ結婚した夫婦の三組に一組は離婚する。
自分の家族・親戚をはじめ、友人も同じような比率だ。
高校でアメリカに行った時には、普通に片親の友達が居たのには驚いたが、日本もアメリカ化が進んでいる。

日本は我慢する文化が根強い。
だいぶ変わってきたけどね。
自分の意見を表明せず、ただ我慢することが美徳とされる。
世の中がアメリカ化することは、もはや止められないだろう。
自分の意見を表明し、相手の意見も尊重する。
これはいいことだと思う。

信州は保守的な人間の多いところ。
世間体を気にするし、村社会が蔓延っている。
男尊女卑的な思想を未だに多くの長野県人がもっている。
そのうちガラガラと音を立てて崩れていくことだろう。

価値観の違いを離婚の原因に挙げる人がいる。
芸能人などはいつもそんなコメントをしている。
価値観なんかみんな違うに決まっているじゃないか。
今更何を言っているんだ?
相手に関心が強すぎるから、同調を求めるし嫉妬をする。
「適度な無関心」
これがいい。
人生はたった一度きり。
その時々の優先順位を見極めて、自分らしく生きよう。

仕事も同じ。
自分の人生の方向性と違えば、環境を変える。
それは相手を尊重していることでもあるのだ。
社員が退職するとなれば、離婚と同じで残念に思うし、嫌な思いもする。
でも、ここからお互いにハッピーになるいい機会とも言えるじゃないか。
そう考えよう。

いやー、離婚式ってどんなものか見てみたいなー。