面白い研究

ナショナルジオグラフィック誌に興味深い記事が載っていた。

What You Farm Affects Your Thinking, Study Says
米と小麦、作物で人の考え方にも違い

作物の生産方法が人の考え方に影響を与えるというもの。
お米づくりは水を引き、水田を作り、・・・・、インフラ整備から多くの人々の共同作業を必要とする。
一方、麦はお米ほどの共同作業は無く単独作業で成り立つ。
米作地域の人は協調性を重んじる全体主義で、麦作地域の人は欧米人に近い個人主義的な思考となるそうだ。

なるほどなと思った。
いろんな研究をする人がいるものだ。

東洋対西洋、農耕民族対狩猟民族という図式を思い浮かべる人が多いが、東洋という地域をみても多様性があるということ。

生産活動の永い歴史が人々の思考に影響を与える。