Taking Off  -Godiego

 

あずさに乗るのは何年ぶりだろう。

7・8年ぶりくらいだろうか。

経費削減のため、東京に行くときには高速バスと決めておりました。

 

好きなテレビ番組は?と聞かれれば「世界の車窓から」と答えます。

とはいってもテレビのない家。

実はアマゾンプライムで観ることができるので、ときどき観ては「あそこに行きたい。」「ここに行ってみたい。」と思いをめぐらします。

車窓から見える景色も「ずいぶん変わったなー」と思いました。

都内の駅の周辺は鮨詰めの住宅。

地元の国立は低層の住宅街でとてもよかったのに、マンションが多く立ち並んでいてかつての面影は薄れていました。

クワガタやカブトムシを採った武蔵野のクヌギ林も見当たりません。

「もう、東京には住めないな・・・」

そんなふうに思いました。

 

長坂あたりから望む甲斐駒ケ岳が好きなんですけど、今日は雲に隠れていました。

あの断崖絶壁を登ってみたい。

 

いろんなところに行きたい。

今しか観れない景色を見ておきたい。

 

最近は出張にも行っていなかったので、本が溜まっています。

久しぶりに揺られながらの読書。

クラッシュ 大田哲也著 を読み始めました。

途中何度か涙が出そうになってしまいました。

 

明日はエクスペクトラでの仕事納め。

いつも通りに一日を終えていく。