私物のお片づけ。

「いつか使うかもしれない・・・」

結局は使わないでゴミ箱へ。

書類を見ていると、こころ残りが一つあったことに気づく。

 

大学で障害児教育を学び、教職にもついた。

企業で働くようになってからは「障害を持った方々の社会参加を推進する」と決めていた。

「どんな障害を持っていても勤め上げられるような会社に・・・。」

そんなことを思いながら積極的に採用してきたし、実習も受け入れてきた。

しかし。

自分がいない会社では続けられない・・・。

引継ぎが困難な状況に。

非常に残念なことである。

 

半年前に一人は転職先を決めた。

自分ができるせめてもの責任は果たせたのかもしれない。

移行も順調にいっているようで安心している。

逆に「こんな人をもっと紹介してもらえないか」と言われた。

自分の弟だと思って厳しく接し、傍から見たらパワハラと言われてもおかしくなかった。

「なんでわたしがあの人の面倒を見なきゃいけないんだ・・」

自分の弟だったら、そんなことを思われることが許せなかったし、何とかしたかっただけである。

他の会社では大きな戦力として期待に応えているようでとても嬉しく思う。

でも、それをエクスペクトラで実現したかった。

再就職先からは感謝されたのは救いであった。

彼と直接に仕事や指導に関わってもらって皆さんには感謝を申し上げたい。

自分にもう少し経営力があれば。

悔やまれてならない。

 

高校ラグビーが開幕。

長野県は今年は飯田高校が出場。

登録メンバーはなんと17人。

リザーブが2人しかいない。

怪我人が出たらちょっと厳しい。

富山第一高校に勝ちました!!

以前、上郷ラグビースクールで教えていたこともあるので嬉しいですね。

次もガンバレ!! 飯田高校ラグビー班!(飯田高校はラグビー部ではなく、ラグビー班といいます)