Apr. 29

静岡県磐田市で地域スポーツクラブがスタートしたそうだ。
とてもいい試みだし、このような活動が全国に広がってほしい。

学校でできることは学校で。
地域でできることは地域で。
家庭でできることは家庭で。

なにも学校で部活動をする必要はない。
やるのならばその道のプロに指導してもらう仕組みを作ろう。
ろくに授業もしないで部活動ばかりの先生を増やす必要はないのです。
名前だけの顧問の場合などは教える側と教わる側双方にとっても迷惑な話ではないですか。
学校の先生には授業の質を上げてもらうことに注力してもらいましょう。
部活動は外部に委託しましょう。
部活動を強制してはいけません。
帰宅部にも希望の光をあげましょう。

学校には外部の人に入ってきてもらったり、子供は外部にも出ていける選択肢をつくる。
既存の学校の活動は刺激が少なく、子供たちに思考停止状態を作り出してしまっている。
世の中には様々な選択肢があって、いろんな考え方の人がいて、それを自分で取捨選択する。
学校を一歩出れば世の中はそういうものだし、大人になればそういう環境が当たり前ではないか。

自分が子供のころにこんな環境だったらもっと楽しかったのではないかと思う。
学校以外の友達もたくさん増えただろうし、いろんな指導者にも巡り合えただろうし。

磐田市の取り組みは是非成功してもらって、全国各地に波及してもらいたい。