Apr. 8

花粉と黄砂、ほこりが舞っておりまして、花がグスグスしております。

車も汚くて洗車しないと可哀そうです。

花粉症ではないのですが、何となく鼻の粘膜や涙腺が腫れている感じがあります。

シジュウム茶を飲むとその腫れが軽減するので、抗アレルギー作用があるのだと実感します。

シジュウムはグァバの仲間らしいのですが、グァバ茶ではダメでシジュウムでないと効かないようです。

 

春になるとある病に悩まされます。花粉症ではなくて。

ホームセンターや植木屋さんに行くと発症します。

植木購入意欲高揚症候群です。

この10年くらいは毎年悩まされる中毒性の高い病気です。

ブルーベリーなんかは20株を超えてしまいまして、小農家なみの収穫。

例年のようにこの時期になると植木屋さんがスーパーの前で苗木をたくさん並べていたので「これは見なくては・・・」と思い、眺めておりました。

なんと「ヒトツバタゴ」を2本発見!!。

「ヒトツバタゴ」は別名「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれている、可愛い花を咲かせる庭木です。

国内産では岐阜や長崎に群生があるだけの珍しい木なのです。

数年前にも偶然見つけまして植樹したのですが、カイガラムシのついたハナモモを消毒したところ、その影響なのかどうなのか枯れてしまいました。

初恋の相手との再会。

発症です。

1本が少し大きめの6800円。もう一本は小ぶりの3500円。

悩める1万円越え。

財布には9000円+小銭が少々。

一本で我慢するか、安いのにするか高いのにするか・・・。

人生の曲がり角となる選択。(なんという大げさ感)

そんなに売れないのかどうなのかわかりませんが、造園店主のおじさんが「2本で9000円でいいよ・・」とのうれしいアプローチ。

でも、9000円で買うと、娘と昼を食べるのにお金がない・・・これはまずい。

更に悩んでいると「もう、8000円でいいわ」となりまして、即決購入しました。

その後に娘と意気揚々とジャンクフード店に立ち寄りました。

レジで足りないのではないかと小銭をかき集めて、ドキドキの残金6円。

ミラクルです。

こういう奇跡が起きると症状はさらに悪化する公算が高く危険です。

家に帰ってからも危険が待ち受けております。

「何本木を買えば気が済むのか・・・」

家人に怒られつつも「これは病気だから・・・効く薬もないし・・・」と植樹に精を出します。