Aug. 10

事後報告で転職離婚、年収100万減でブロック…家族の反対で内定辞退の現実

転職は人生の転機ですから大事な選択であることは間違いありません。
その人によって人生観、仕事観は異なりますし、何のために仕事をするのかという問いに対してもいろんな答えがあると思います。
わたくしもこれまで転職もしてきましたし、「これは人生の岐路だった」と思えるような転機がありました。
「幸せになるために生きているし、仕事をしている」というのが悩みぬいた末の自分の出した現時点での答えであります。

年収が減るから奥さんが離婚を迫るってすごいですね。
そういう人とはすぐに別れた方がよろしいかと思います。
「どうしてオレと結婚したの?」って聞いてみればいいのです。
「この会社に勤めているあなたが好き」とか
「これくらいの給料をもってきてくれるあなたが好き」って即答されたらどうしよう。
すぐに離婚届を出しましょう。
仕事をするのは奥さんではありませんけど・・・。
本人の意思が優先されて然るべきですけど・・・。
「こんな自分を好きになってくれた奥さんが大好きで離れたくない」
こういう人もいると思います。
これは自分自身を一生懸命説得することに専念しましょう。
でも、年収が減るから転職はやめて欲しいなんていう奥さんと一緒にいたら、人生の節目節目で同じような問題が必ず出てくると思います。
前途多難な人生。
もうこれは間違いない。
これからも人生の転機を迎えるときに同じことが起こります。
早めに決着をつけるのが良いと思います。

ロボットやAIの発達で人間の仕事がなくなっていきます。
これはもう止められない。
では、あなたはどうするの?
みんな真剣に考えないといけません。
誰にでもできてしまうような仕事というのはたいした給料がもらえなくなります。
昇給だってないでしょう。
予想がつくじゃないですか。
当たり前の話です。

わたくしは人間にしかできそうにない仕事で食べていくつもりです。
手作業でないと完結しない仕事は絶対に価値が上がる。
わたくしはそう思っています。
我が社の仕事は高い価値のある仕事です。
まだ、多くの人には認められていませんけど。
世界に認めてもらえるときが必ず来ると思っています。
そのためには。
そもそも我が社の手の込んだ仕事が好きであること。
光という目に見えないものをイマジネーションを膨らませて微調整できること。
我が社の理念に賛同できること。
失敗を恐れず挑戦し続けること。
このようなハードルを乗り越えて初めて実現できるものなんです。
「会社に行けば給料をもらえる」的な考えでは絶対に乗り越えられない次元の仕事です。

お金より優先されるべきものがまず先にあるんですよ。
お金は後からついてくる。
そういうもんです。