Aug. 24

お盆の長雨で被災された皆さんにお見舞い申し上げます。

岡谷でも土石流で3人の方が亡くなられました。

会社の二つの建屋の横には共に川が流れており、氾濫の危険があるため出社しておりました。

警報が出ていたのですが、昨年の工事のお陰で川が溢れることもなく無事でよかったです。

幹線道路は各所で通行止めとなり、行くにも帰るにも一苦労でした。

 

今日は1回目のワクチン接種が終わりました。

3週間後に2回目です。

 

緊急事態宣言と言っても長野県内は県外車ばかりです。

結局みんな我慢できません。

「来ちゃダメです。もうしばらく我慢してください。」

これが長野県人の本音です。

 

憲法に不備があるというのがあまり議論されていません。

日本はロックダウンできる法律がないため、自粛要請しかできない。

「自粛」というのは本当に難しい。

英語で説明するとすると「voluntary….」とか「self-control…」とかの表現になります。

「自分で決めて、自分で責任を取る」ということですから、人の行動に対して批判できない。

 

日本はうまくやり過ごしていると思います。

世界から見たら感染者数も少ないし、少ないからこそワクチンの供給も他国に比べて後回しになっている。

医療機関もパニックにはなっていない。

なんだかんだ言ってうまく時間稼ぎできていると思うんです。

時間稼ぎをしながら、ワクチンの接種率を上げて蔓延を防いでいく。

その間に特効薬が開発されれば・・・というのもある。

 

過去を振り返れば、「もっとこうしていれば・・・」というのは必ずあります。

でも、いま人類は未知の恐怖と戦っているわけです。

最善だと思う選択をその時々にする以外ありません。

こういうときに着ぐるみを脱がされ本性が出てしまうもの。

その本性が周りの人を傷つけるものでないことを自分自身にも問いかけています。